生活改善

生活習慣の改善

痩せたい、筋肉を付けたい、体力がほしい、肌をきれいにしたい、胸を大きくしたいなどの身体的な悩みは多くの人が持っていると思います。
これらの多くは生活習慣に原因があるので、それらを見直す事で自然と無理なく改善する事もできます。
生活習慣を変えるだけなので、無理なダイエットやハードなトレーニングをするわけではありません。
生活の一部を改善して必要なものを追加したり、不要なものをカットするだけです。
こうする事で無理なく痩せたり、スタイルが良くなったりと言う事が可能になりますが、短期的に結果を求めるような人には向きません。
最も幸福度が高いのは「未婚かつ子どものいない女性」
クロスワードパズルには強力な脳の老化防止効果がある
長生きするために科学者がオススメする5つの生活習慣とは?
真の健康を得るために医師が推奨する10の行い

  1. 生活改善:肥満対策運動対策
  2. 健康改善:睡眠対策喫煙対策飲酒対策ストレス対策
  3. 問題改善:腰痛対策視力対策

生活習慣の維持

目標のスタイルに到達しても、その生活習慣を維持し続けた方が良いと思います。
元々の生活習慣に問題があったからそうなったわけで、わざわざ元の悪い習慣に戻すメリットはありません。
逆に言えば負担の大きな制限や習慣は、生活習慣の改善としては適さないと言う事になります。

生活習慣の見直し

食事

多くの場合はカロリー摂取量が多い食生活になっていますが、これを低カロリー食主体に変更します。
それが無理ならご飯だけ抜くなどの方法もありますが、週1回くらいは好きなものを食べてもかまいません。
こうして日頃の食生活のベース部分を節制する事で、たまに好きなものを食べてもトータルカロリーが低いので自然と痩せる事ができます。
ただし、痩せて行くと言う事は筋力も落ちるので、筋トレなどの運動も併用した方が効果的です。
粉末型栄養ドリンクの活用
「超加工食品」を食べることが死亡リスク増加に結びつくことが4万4000人以上を調査した研究で明らかに
果物や野菜を多く食べると身体だけではなく精神の健康にも良い
「夜にたくさん食べること」が心臓に悪影響を及ぼす可能性が最新の研究で指摘される
健康に長生きするためには41種類の「長寿栄養素」の摂取が重要
カロリー摂取量を減らすと体の酸化的ストレスが低下して老化スピードが遅くなる可能性が判明
「現代人は昔に比べて44%も多くカロリーをとっている」と長年信じられてきた料理科学者の「ウソ」が暴かれたいきさつとは?
カロリー摂取を減らして減量することで2型糖尿病の症状が大きく改善される効果が判明
朝食抜きは良いことなし 学力低く、脳出血リスク高まり……
「今年こそ健康になる」を実現するために食生活を少しだけ変える方法

  1. 自分で行う方法:食生活を見直して改善する
  2. 専門的に行う方法:栄養士に相談しながら食生活を改善する

運動

一般的な運動には有酸素運動と無酸素運動の2種類があります。
有酸素運動はジョギングや水泳などの心肺機能を使った運動で、無酸素運動は筋力トレーニングなどの力のいる運動です。
これらによって日頃不足している筋力や体力を高める事ができますが、大事なのは生活に取り入れる事です。
運動は短時間でも効果が得られる方法が最適で、短時間なら日々の生活の中に取り入れて続けて行く事ができます。
ただし、絶対に無理はしない事が重要で、自分に適したレベルの運動を行うようにしてください。
短時間の手軽な運動で脳機能が高まるという研究結果が報告される
普段から速く歩く人の平均余命は肥満度の影響を受けず、遅く歩く人よりも長生きするという研究成果
抗うつ効果も。運動が脳に与える7つの良い影響
「全世界の成人のうち4分の1以上が運動不足」という研究結果
筋肉は裏切らない?筋肉の弱い人は早死するリスクが50パーセント高いという研究結果
瞑想やヨガは血圧を下げ肉体的にもストレスを減らしていることが研究で示される
「脚の運動が健康を維持するのに効果的である」と研究者が提言
定期的なエクササイズの頻度によって動脈硬化と心臓発作のリスクに違いが現れることが研究で確認される
1日に15分走る「デイリー・マイル」活動は子どもたちに良い影響を与えたのか?
「運動はウォーキングで十分なのか?」という質問に各分野の専門家5人が回答するとこうなる
1時間のジョギングで寿命が7時間延びる、という研究結果
屋外で体を動かすメリットは、大気汚染に晒されるデメリットを上回る
運動は13種類ものがん発症リスクを減少させる

  1. 自分で行う方法:適切なレベルの運動を継続して行う(「10分×週3回」程度で効果のある運動を行う)
  2. 専門的に行う方法:スポーツジムなどで適切な指導を受けながら運動する
オンラインPC館