ダイエットの豆知識

ダイエット情報

様々なダイエットに関する情報です。
運動アプリ
脳にマイクロチップを埋め電気ショックで過食を制御。革新的な肥満予防デバイスが開発される
150日間で約42kg減!家族とのハイキングで激ヤバ状態を自覚した父親のダイエットビフォア・アフター
「最高に効果的なダイエット」を専門家が選んだランキング2019年版が発表される
肥満は4つのタイプに分類可能、タイプ別の特徴や傾向とは?
砂糖は本当に健康に悪いのか?実は多くの反論が存在する
きゅうりダイエットを分析!食前に食べて脂肪分解?
「夜遅くにとる食事」は本当に肥満につながるのか?
痩せたいなら立った方がいい。体内体重計のように働く生体メカニズムが発見される
脂肪をたくさん食べると長生きする? 「ケトジェニックダイエット」には、知られざる効果があるかもしれない
MEC食は糖質制限とどう違う? 医師に聞く「最初の3日間」の始め方
アスパルテームには肥満化作用がある?
数あるダイエット方法の中で実際に効果的な方法はどれなのか?
なぜ着けるだけで? マスクダイエットで痩せる理由

  1. 食事と運動で生活習慣を改善する
  2. ダイエットグッズを利用する

カロリーメカニズム

人間が太るのは食べ過ぎや運動不足によって起こります。
つまり高カロリーな食事をしていたり、運動をしないために消費されるカロリーが少ないなどがあります。
多くのダイエットはこの食事か運動と言うどちらかの方法で、カロリーの摂取量や消費量を変える事で調節を行います。
慢性的なストレスと高カロリーの食品の組み合わせが肥満を加速するという研究結果
なぜ人は太るのか 「ロジック」を理解していれば痩せられる

ダイエットの個人差

ダイエットのレベルや効果には個人差があります。
これは個々の体質、身長体重、脂肪率、運動量、食事量など、様々な条件によって効果的な時間や量が異なるからです。
ただし、基本的にはどの方法を行っても、長期的に継続する事で多少なりとも効果は得られると思います。
「画像解析」から「DNA解析」へ ダイエットアプリの進化

ダイエットのポイント

ダイエットの危険性

特定の栄養素だけを摂取する偏ったダイエット法は危険な場合もあります。
栄養素と人体の関係は非常に奥深く簡単に理解できるものではないため、栄養素の偏ったダイエット法はあまりおすすめできません。
やはり脂肪になりやすい糖質や脂質などの栄養素を減らして、全体のカロリーを落とすと言ったダイエット法が無難だと思われます。
糖質制限されたマウスは寿命が約2割短くなったという実験結果
低炭水化物ダイエットで「寿命4年縮む」、ケトジェニックも「糖尿病に……」
糖質の摂取を控える「糖質制限ダイエット」は体に良くないという研究結果
ダイエットには糖質制限や脂質制限は関係なく、DNA検査もほとんど意味がないという研究結果が判明
トランプ大統領のようにダイエットコーラを1日に12本飲んでいるとどうなるのか?
炭水化物を抜いたら体臭が……糖質オフの落とし穴!

ダイエットの注意点

ダイエット方法は食事制限(カロリー制限)が主となりますが、これはあくまでも痩せる事が目的です。
食事を制限して痩せる場合は脂肪と一緒に筋肉など必要なものまで落ちてしまうので、できれば筋トレやウォーキングなどの運動も併用した方が健康的です。
ただし、運動は痩せる事が目的ではなく、身体能力の維持やスタイルアップが目的です。

ダイエットの禁止事項

ダイエットでは決して無理をしない事が重要です。
無理をしたり過度の我慢は逆効果になるばかりか、場合によっては怪我や病気に繋がる可能性があります。
また、リバウンドしやすいのもこうした過度なダイエットを行っているケースが多いようです。
特に断食、高負荷トレーニング、急激な運動などは、ダイエットを目的とする場合は効果的ではないので注意してください。
ダイエットする時に「断食」に頼りすぎないほうが良い理由が脳科学で確認される

ダイエット中の食欲対策

ダイエット中にどうしても食べたいものがあって生活に支障が出るほどなら、我慢せず食べてください。
ただし、食べるのはその一度だけで、次の日にはまた同じようにダイエットに入ってください。
しっかりとしたダイエットメニューを日々行っているなら、1日好きなものを食べたくらいなら問題はなく、むしろ強い我慢を強いられ続ける状態の方が危険です。
また、おなかがすいた時にはなるべく低カロリーのものや水分を取る事で空腹感は消えると思います。

様々なダイエット方法

筋力トレーニング(カロリー消費)

筋力トレーニングは筋力を鍛えるためのトレーニングです。
多少のカロリー消費や体質改善などの効果は期待できますが、痩せると言う意味ではあまり効率的ではありません。
あくまでも筋力を強化し、スタイルをよくするもので、継続する事で出っ張り体型から垂直体型に近付くと思います。
運動対策
「今年こそ痩せる」とジムに通って運動したい人向けのトレーニングのコツとは?
「今年こそはやせる」と誓った人が30分のトレーニングで効果的に脂肪を燃やす方法を科学的に説明
たった1分の激しい運動をエクササイズに組み込むことで運動時間を5分の1に短縮できることが判明

体力トレーニング(カロリー消費)

一般的には有酸素運動の方が筋トレよりもダイエット効果が高いと言われていますが、本来は体力アップやスタイルをよくすると言う効果の方が高いようです。
確かに有酸素運動は運動する事でカロリーを消費しますが、これは長時間の運動を継続しないと効果はそれほど得られないように思います。
なお、ウォーキングやジョギングは骨も鍛えられるので、骨や関節などの強化には効果的です。
ただし、太っている人の場合は負担が強いので、なるべくプールでの水中歩きなどを行った方が無難です。
「ダイエットで一番大事なのは食事制限」ではない、運動には「カロリー消費」を超えた効果がある
ダンスダンスレボリューションで50kg以上のダイエットに成功し心臓移植の危機を乗り越えた男性
運動しても体重が減らないのは、運動時以外の行動が変化するから
ダイエットの鍵となる「代謝を上げる」とは実際には何を意味するのか?
「運動は健康にいいがダイエットに最適な方法ではない」という理由とは?
人はもともと続かない?痩せたいなら選んではいけない運動
健康とダイエット、エクササイズに関する誤った15の思い込み

カロリー制限(カロリー摂取)

痩せるためにはやはりカロリー制限が最も効果的で、日々のカロリー摂取量を抑える事で徐々に痩せて行きます。
食べるものはなるべく低カロリーなものにし、高カロリーなものを控えるように工夫が必要です。
高カロリーなものにはご飯、肉料理、フライ料理などがあり、低カロリーなものでは和食、魚料理、野菜料理などがあります。
ただし、減らすのは食事量ではなくカロリーなので、一日三食食べても大丈夫です。
また、ダイエットを行う場合でも、必要な栄養素をできるだけ取ってバランスの良い食事を心がけると良いようです。
基本的には成人の平均的な摂取カロリー量(2000kcal程度)を下回るようにすれば自然に痩せて行くと思われます。
粉末型栄養ドリンクの活用
「1週間で2キロ」ダイエットする方法 [パーツ別ダイエット方法]
「朝食を抜くと太る」わけではないことが過去28年間の研究を分析して判明
「断続的な断食は突出して優れたダイエット法ではない」という研究結果
低炭水化物の食事は通常の食事よりも多くのカロリーを消費させるかもしれない
朝食を抜くと太るメカニズム、名古屋大が解明 原因は「体内時計の乱れ」
肥満を回避するには体内時計を考慮して食事すべきだと研究者が指摘
肥満が原因で発症する変形性関節症は体重増加ではなく高脂肪の食事が原因
エクササイズや運動なしでこんなにスリムに!?50歳のおばあちゃん、3ヵ月で31.5kgの減量に成功
タイガー魔法瓶、“まるで本物のご飯”な低糖質食品開発 調理用の炊飯器と合わせて発売
「カロリーゼロ」の逆風もなんのその 次世代の「糖」は甘いのに太りにくい
芸能人もハマるタイガーナッツはなぜ痩せるのか
ホルモンで痩せる時代? 食や酒の欲求を抑えるFGF21とは
看護師が教える! 内臓脂肪を減少させる食べもの13選
砂糖を10日間制限するだけでメタボや糖尿病の指標となる数値が劇的改善
体重を落としてシェイプアップするためにエクササイズよりも重要なカギとなるものとは?
レトルト食品はココまで進化した! お米不使用の『ライス・フリー』を試食レビュー
ダイエットに間食の我慢は不要だった!? 成功者「間食経験あり」約9割も

オンラインPC館