batファイル

batファイル

batファイルはWindowsコマンドを利用した簡易プログラムで、様々な処理を簡単に行う事ができます。
バッチファイルとは
Windowsコマンド集
バッチファイルの基本的な使い方
batテクニック

batファイルの作成方法

batファイルの作成方法

batファイルの基本的な作り方です。

  1. 作成:batファイル保存先(右クリック)→新規作成→テキスト文書(右クリック)→ファイル名を適当に付けて、末尾の拡張子をbatに変更
  2. 編集:保存したbatファイルをエディタで開き、必要な書式を記入して保存します。
  3. ショートカット:batファイル(右D&D)→ショートカットの保存先→ショートカットをここに作成(必要に応じてウィンドウサイズを設定)
  4. 実行:batファイルのショートカットをダブルクリックで実行

batファイルの書式

batファイルではコマンド、オプション、パスを書き込みます。
パス
コマンド

  1. コマンド:主となる命令
  2. オプション:補助的な命令
  3. パス:ファイルの場所

ファイルの指定方法

batファイルでのファイルの指定方法です。

  1. 全てのファイル:*(拡張子のないファイルも含む)
  2. 全てのファイル形式:*.*
  3. 特定の形式のファイル全て:*.ファイル形式
  4. 特定の文字列で始まるファイル全て:キーワード*
  5. 特定の文字列ではじまる特定の形式のファイル全て:キーワード*.ファイル形式
  6. 特定の文字列で終わる特定の形式のファイル全て:*キーワード.ファイル形式

batファイルの管理方法

batファイルの編集テクニック

batファイルは右クリックからメモ帳で編集可能ですが、以下のようにすれば好きなエディタに変更する事ができます。

  1. スタート(右クリック)→ファイル名を指定して実行→regedit
  2. HKEY_CLASSES_ROOT\batfile\shell\edit\command
  3. "エディタのパス" %1

batファイルの管理方法

batファイルでは使用プログラムや入出力するファイルの場所をパスで指定します。
このパスの指定がしっかりできていればbatファイルやコマンドラインプログラムの保存場所は自由に選べます。
例えばbatファイルやコマンドラインプログラムを、一つのフォルダで保管すれば編集や管理が楽になります。
ただし、使用するbatファイル内でターゲットフォルダに移動するのを忘れないでください。

cd "ターゲットフォルダのパス"

batファイルの注意点

batファイルのパス指定

batファイルのパスはbatファイルの保管場所が基点となるため、相対パスを利用する場合はbatファイルの場所から対象の場所を指定する必要があります。
ただし、cdコマンドで移動している場合は、batファイルの場所ではなくcdコマンドの場所からの相対パスとなります。
うまくパス指定ができない場合は、絶対パスを指定すると確実に動作します。

  1. batファイルの相対パス:batファイル→対象の場所
  2. cdコマンド使用後の相対パス:cdコマンドの移動先→対象の場所

batファイルのテスト環境

batファイルも記述するコードが違っていると思わぬ不具合が発生します。
こうした危険性のある事を端末で行う場合は、テスト環境を構築して実行するのが安全です。
実行後に特に問題がないようなら環境を戻して実際に利用する事ができます。
サンドボックスソフト
仮想化ソフト

batファイルの環境変数

Windows環境でbatファイルに環境変数(%)を利用する場合は、2つ(%%)記述する必要があります。
環境変数は上級者向けなので一般的にはあまり使われませんが、forやifなどを利用する際には必要になります。
for文とは
if文とは

オンラインPC館