集団攻撃対策

集団攻撃認知

集団攻撃認知

本来は国がこの問題を認知し、対策を講じる必要があると思われます。
つまりは集団攻撃と言うものの存在を理解し、これを違法行為として捉えなければ効果的な対応はできないと思います。
これは最近問題となっているストーカー犯罪と同じ種ですが、集団による攻撃の場合はまだまだ認知されていないようです。
今後はこうした国がしっかりとこの問題と向き合って行かなければ、一向に被害が減る事はないはずです。

集団攻撃認識

本当に不当な攻撃を受けている場合ならここに記載しているような対策が有効です。
しかし、本人に問題がある場合や被害妄想などで勝手に仮想敵を作り出している場合は例外です。
この場合は病院へ行くか、本人自身が自分の問題点に気付く事が一番重要です。
このあたりの区別は非常に難しいですが、冷静に自分の状況を再確認してください。

集団攻撃対策

集団攻撃対策

こうした集団攻撃を解決するためには、少なくともその中心人物を特定して取り締まる必要があります。
第三者が何らかの攻撃を行っている事が事実なら必ずどこかで尻尾を出すので、それを記録して警察などに相談するのが良いかもしれません。
しかし、実際にそれを行うのは容易ではなく、こうした方法だけで必ずしも解決に繋がるとは限りません。
やはり根本的には法規制が必要であり、国自体がこうした問題を認知して対処しない限りは一向に減少する事はないと思われます。
各機関への相談
集団攻撃対策の種類
集団ストーカー 被害者への防御方法と闘い方

心理攻撃対策

攻撃者たちは何かを主張すると思いますが、攻撃理由は大抵後付けなので気にする必要はないと思います。
また、攻撃者が集団の場合は組織力を大きく見せようとしますが、多くの場合は小規模な集団に過ぎません。
いずれにせよ彼らに人を裁く権利はないので、こうした攻撃者の言い分は一切聞く必要がありません。
また、集団攻撃の場合は攻撃者たちが誘導や洗脳を行う場合もありますが、絶対に彼らの言葉を信じないようにしてください。

自己防衛術

どこも助けにならないと言う場合は、最低でも自己防衛を取るようにしてください。
基本的には護身用のグッズや技術的な対策を可能な限り行って対処します。
また、どのような場所であっても即座に記録が取れるよう準備しておくのも良いかもしれません。
いずれにしろ国があてにならないなら、自分の身は自分で守る他ありません。

オンラインPC館
トップページテクニックセキュリティ → 集団攻撃対策