集団攻撃対策の種類

集団攻撃対策の種類

証拠収集

攻撃を認識できているのであれば、それに対する対策が可能かもしれません。
方法としてはまずなるべく具体的な証拠を集めて、警察や弁護士に相談すると言う方法です。
ただし、連中は証拠が取りづらいような微妙な攻撃を仕掛ける事が多いので、かなりの長期戦になると考えてください。
また、常に証拠を確保できるよう、万全の装備を整える事がこの場合の効果的な対策方法となります。

環境対策

集団攻撃が行われると、その対策として環境を変えて逃れると言う方法もあります。
解約、転校、転居などがそうですが、寄せ集めの集団による嫌がらせならこう言った手段でも解決するかもしれません。
しかし、相手が組織化された集団の場合は、これらの方法では恐らく改善できないと思われます。

反撃対策

場合によって反撃と言う方法もあり得ます。
詳しくは書きませんが違法合法問わず様々な手段が世の中には存在するので、それを利用して対抗する事も可能です。
ただし、戦う場合は全て自己責任であり、多勢に無勢と言うかなり不利な戦いを強いられます。
とはいえ集団であっても対象を一人に絞れば案外脆い部分もあると思いますが、間違っても自分が加害者にならないように注意してください。

スルー対策

集団攻撃の多くはわかりづらい嫌がらせが多いため、気にしなければ普通に生活する事もできます。
ただし、目に見えるような嫌がらせが発生したら、警察に通報する必要があります。
いずれにしろ簡単に片付かないのなら、無理に気にしても時間や労力を無駄にするだけです。
どうしても気になる場合やプライバシーが侵害されていると感じるなら、しっかりと攻撃を認識して本格的な対策が必要です。

集団攻撃対策の支援

支援強化

何らかの支援団体や協力団体に相談して、自分の力を強化すると言う方法もあります。
こうした団体は少ないと思いますが、探せば力を貸してくれるかもしれません。
いずれにしろ相手は犯罪者の集まりなので、公になればかなり不利になるはずです。
他の住民も自分たちの安全のためなら協力が得られる可能性もあるので、地域全体でこうした存在に対抗できるかもしれません。

情報対策

集団攻撃への対策として情報を駆使した方法もあります。
上述の証拠集めのための情報記録をはじめ、情報の公開や拡散と言った方法も可能です。
ただし、情報をオープンにするため、デメリットも認識して自己責任で行う事になります。
集団攻撃の情報対策

オンラインPC館
トップページテクニックセキュリティ → 集団攻撃対策の種類