Webサイトの構築

サイト構築の流れ

サイトの構築は以下のような流れになりますが、慣れてくれば複数サイトの構築も短期間でできるようになります。
ホームページの場合は一から作成しますが、その他は大抵デザインテンプレートから好きなものを選択するだけで完成します。
ただし、どのサイトでも設定は初期段階でしっかりとしておく必要があります。
設定が完了した後は単純作業の繰り返しで、更新やメンテなどの運用管理を行っていく事になります。
また、余裕があればソーシャルサイトなどを活用してサイトの数を増やし、独自のネットワークを構築する事もできます。
Web制作サービス

サイトの企画→サイトの制作→サイトの構築→サイトの運用→ネットワークの構築

サイトの企画

最初にどのようなサイトを作るのか企画を立てる必要があります。
主に以下のような内容になりますが、これらを先に決めておけばテンプレートの選択やサイトシステムの制作がスムーズになります。

サイトのスタイル、テーマとコンテンツ、外観のイメージ、必要なWebシステムなど

サイトの制作

次にサイトの制作ですが、一から自分で作成する場合とフリー素材やテンプレートを利用する方法があります。
ホームページの場合は一からの作成が必要ですが、ブログやWordPressなら作成の必要はありません。
なお、前者の場合はサーバーの制限下での利用方法となり、後者の場合はサイトの制限下での利用方法となります。

ホームページの作成など

サイトの構築

サイトの準備ができたら、サーバーを準備して各種設定を行います。
また、利用するファイルのアップロード、リンク設置、Pingの登録、外部サイトへの登録などもこの段階で行います。
これらはサイト構築において非常に重要な作業となりますが、要領がわかってくれば意外と簡単にできるようになります。

サーバーの準備と設定、ファイルのアップロード、外部サイトへの登録、Pingの登録、リンクの設置など

サイトの運用

サイトの構築が完了したらサイトの運用が可能になります。
主な作業内容としては情報やファイルを集めて記事を作成すると言う流れになります。

情報収集、ファイルの作成、記事作成

ネットワークの構築

サイトの構築方法がわかれば、応用する事で複数サイトの構築も可能です。
また、ソーシャルサイトなどを活用して独自のネットワークを構築すれば、個々のサイトパワーを強化する事もできます。
ただし、しっかりとした構築方法を利用しないと、スパム判定を受けて逆にサイトパワーが減少する事もあるので注意が必要です。

同じ要領で複数サイトやソーシャルサイトを作成する

オンラインPC館
トップページテクニックウェブ制作 → Webサイトの構築