Google Search Consoleのテクニック

インデックスの高速化

Fetch as Googleを利用するとインデックスの遅いサイトに効果があるようです。
何らかの理由でインデックスが遅い場合やできたばかりのサイト、大幅な変更でサイトパワーがダウンしたと感じた際に利用すると良いようです。
ただし、月に利用できる回数が制限されているので、その制限内で利用してください。

対象サイトをクリック→クロール→Fetch as google→URLを記入→インデックスに送信→このURLと直接リンクをクロールする→送信

  1. このURLのみをクロールする:週500回まで
  2. このURLと直接リンクをクロールする:月10回まで

Google Search Consoleのチェック機能

タイトルタグやメタデータのチェック

Webサイトのタイトルタグやメタデータに重複、不足、問題点などがないか確認する方法です。

対象サイトをクリック→検索のデザイン→HTMLの改善

スパム判定チェック

Googleではスパム対策を行っていますが、スパムとなったサイトのオーナーにはメールでその事が通知されます。
また、Google Search Consoleを利用して、手動で確認する場合は以下の方法で可能です。
ウェブマスター ツールでの手動によるウェブスパム対策の表示

対象サイトをクリック→検索トラフィック→手動による対策

  1. スパム対策されていない場合:手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。
  2. スパム対策されている場合:ここに詳細説明が記載されます。
オンラインPC館
トップページテクニックその他のツールGoogle Search Console → Google Search Consoleのテクニック