Windowsファイアウォールの使い方

Windowsファイアウォールの操作方法

Windowsファイアウォールを使って特定の通信をブロックする方法です。
また、以下のようなソフトを利用すれば、より簡単にブロック登録が可能になります。
Windows ファイアウォールとは
ファイアーウォールソフト

スタート(右クリック)→ファイル名を指定して実行→WF.msc

  1. 左メニュー→受信の規則→右メニュー→新しい規則→対象ポートをブロックする
  2. 左メニュー→送信の規則→右メニュー→新しい規則→対象ポートをブロックする

ブロックの確認方法:左メニュー→監視→ファイアウォール

Windowsファイアウォールの停止方法

WindowsファイアウォールはWindows標準のファイアーウォール機能です。
別途ファイアーウォールソフトを利用する場合は、不要なので停止してください。

スタート(右クリック)→ファイル名を指定して実行→firewall.cpl→Windowsファイアウォールの有効化または無効化

  1. プライベートネットワーク:無効
  2. パブリックネットワーク:無効

Windowsファイアウォール設定の保存方法

Windowsファイアウォールのルール設定を保存する方法です。
また、保存したルール設定はインポートで復元する事もできます。

スタート(右クリック)→ファイル名を指定して実行→WF.msc→右メニュー

  1. ポリシーのエクスポート:ルール設定の保存
  2. ポリシーのインポート:ルール設定の復元

Windowsファイアウォールのテクニック

ファイアウォールの強化方法

Windowsファイアウォールは初期設定で外向きの通信を全て許可するようになっています。
設定で変更すれば良いのですが、Windowsファイアウォールの設定は複雑でかなり面倒です。
こう言った場合はルーターや他のファイアウォールソフトと併用すると簡単に防御力を高める事ができます。
ファイアーウォールソフト

オンラインPC館
トップページテクニックPCツール → Windowsファイアウォール