Windows Defender情報

Windows Defender情報

Windows Defenderに関する情報です。
Microsoft、「Windows Defender」をサンドボックスで実行する機能を追加
「Windows Defender」に“疑わしい動作をブロックする”機能 ~「Windows 10 RS5」Build 17704
「他のセキュリティ対策ソフトはもういらない」とアピールするWindows Defenderの現状
「Windows Defender ATP」、Windows 7 SP1およびWindows 8.1もサポートへ
Windows Defenderによるウイルス・マルウェア誤検知の報告が相次ぐ ~「Lhaplus」や「Tera Term」など

Windows Defenderのセキュリティ情報

Windows Defenderのセキュリティに関する情報です。
「Windows Defender」などにリモートでコードが実行されてしまう脆弱性
「Windows Defender」「Microsoft Security Essentials」などに脆弱性 ~すでに修正済み
Windows Defenderのウイルススキャン迂回問題、セキュリティ企業が公表

Windows Defenderの使い方

Windows Defender

Windows Defenderは以下の方法で開く事ができます。
特に設定や操作が必要と言うわけではなく、常駐してマルウェアの侵入を監視します。
Windows Defenderとは

スタート(右クリック)→設定→更新とセキュリティ→Windows Defender→Windows Defenderセキュリティセンターを開きます

batファイルで定義ファイルを更新する方法

Windows Defenderの定義ファイルの更新をbatファイルで行う方法です。
この方法はMicrosoft Malware Protection Centerから直接更新するため、通常の更新よりも早い段階で定義ファイルの更新を行う事ができます。
batファイルの作成方法
マルウェアとウイルスの削除に関するマイクロソフトのリソースとガイド

"C:\Program Files\Windows Defender\MpCmdRun.exe" -SignatureUpdate -MMPC

Windows Defenderの停止方法

Windows DefenderはWindows標準のアンチマルウェア機能です。
別途アンチマルウェアソフトを利用する場合は、不要なので停止してください。

スタート(右クリック)→設定→更新とセキュリティ→Windows Defender→オフ

Windows Defenderのテクニック

アンチマルウェアの強化方法

Windows標準のWindows Defenderだけでは不安だと言う場合は、以下のようなソフトを併用するとより安全です。
スキャンだけなら非常駐型でも強力なものがあるので、それらで定期的にチェックすると良いかもしれません。
アンチマルウェアソフト

オンラインPC館
トップページテクニックPCツール → Windows Defender