VirtualBoxの使い方

フォルダの設定

仮想用のフォルダを変える場合は以下のように行います。
また、フォルダ内に仮想ファイル(vdi)がある場合は、再度読み込み込ませる必要があります。

  1. メニューバー→ファイル→環境設定→一般→デフォルトの仮想マシンフォルダー(仮想用のデータフォルダを設定)
  2. メニューバー→仮想マシン→追加(vdiファイルを指定)→古いデータを除去

仮想環境の構築

仮想環境の構築方法です。

  1. ツールバー→新規(名前とOSを指定、メモリとHDDを設定)
  2. 注意点:割り当てるリソース量は制限があるので、あまり大きくしないように注意が必要です。(限界以上に割り当てると正常動作しません。)

OSのインストール

仮想環境で使用するOSをインストールする必要があるので、事前にOSのISOファイルを作成しておいてください。
ただし、使用するOSによってはライセンスが必要です。
インストールメディア作成ソフト
LinuxOS

  1. ツールバー→起動→OSのISOファイルを指定してインストールする
  2. 注意点:リソールの割り当てによってはエラーが出ますが、その際は設定からリソースの割り当てを修正する必要があります。
オンラインPC館
トップページテクニックPCツールVirtualBox → VirtualBoxの使い方