UltraDefragのコマンドテクニック

UltraDefragのコマンドテクニック

UltraDefragのコマンドを使う方法です。
batファイルの作成方法

フォルダから「udefrag.exe、3つ全てのdllファイル」を抜き出す

UltraDefragのコマンド一覧

ドライブ指定のコマンド

デフラグや最適化を行う対象ドライブを指定するコマンドです。

  1. 対象ドライブを指定する:ドライブ文字:
  2. 全てのドライブを対象にする(リームーバブルドライブは除く):--all-fixed

デフラグと最適化のコマンド

デフラグと最適化のコマンドです。
UltraDefrag Handbook: Console Interface

  1. デフラグ:--all-fixed
  2. 最適化:-q --all-fixed(時間がかかる)
  3. 完全最適化:-o --all-fixed(時間がかかる)
  4. MFT最適化:--optimize-mft --all-fixed(時間がかかる)

その他のコマンド(不具合あり)

コマンド操作でUltraDefragを実行すると、実行ファイルのある場所にレポートが作成されます。
このレポートが不要な場合は以下のようなコマンドを追加すると出力されないのですが、なぜかこのコマンドは機能していないようです。

レポートを出力しない:set UD_DISABLE_REPORTS=1

UltraDefragのコマンド操作

UltraDefragのコマンドデフラグ

UltraDefragのコマンドを使ってデフラグを行う方法です。

@echo off
set UD_DISABLE_REPORTS=1
start /MIN udefrag.exeのパス --all-fixed

UltraDefragのコマンド最適化

UltraDefragのコマンドを使って最適化を行う方法です。

@echo off
set UD_DISABLE_REPORTS=1
start /MIN udefrag.exeのパス -q --all-fixed

オンラインPC館
トップページテクニックPCツールUltraDefrag → UltraDefragのコマンドテクニック