TimeTravelerの使い方

自動生成ファイルの削除

ファイルが作成されると自動削除する方法です。
これには削除用のbatファイル(またはクリーンアップソフト)を作成し、TimeTravelerの設定を行って常駐させればいつでも使用できます。
また、後述の起動オプションを使えば、起動と同時に常駐監視させる事もできます。

ファイル削除用batファイル

フォルダの削除にはbatファイルやクリーンアップソフトを使用すると簡単です。
batファイルの作成方法

@echo off
rd /s /q "フォルダのパス"

TimeTravelerの設定方法

TimeTravelerの自動削除の設定方法です。
TimeTravelerの起動オプション

  1. 監視ディレクトリ:監視対象のフォルダを指定(削除対象のファイルがあるフォルダを指定)
  2. 追加→監視ファイル:*.*(全ファイルを対象に指定)
  3. 追加→実行ファイル:上述のbatファイルから生成した実行ファイル(またはクリーンアップソフト)を指定
  4. 監視間隔:1~(確認のタイミングを指定)
オンラインPC館
トップページ使い方PCツールTimeTraveler → TimeTravelerの使い方