user.css設定

user.cssの作成方法

user.css(userChrome.css、userContent.css)の作成方法です。
作成したCSSファイルにコードを記述してFirefoxを再起動すると反映されます。

  1. 「C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\×××.default」に「chromeフォルダ」を作成する
  2. chromeフォルダその中に「userChrome.css」や「userContent.css」を作成する

user.cssの設定方法

user.cssでFirefoxの不要なものを非表示にする場合は以下のように記述します。
一括指定は同じキーワードを使用する全ての要素を対象とするため、場合によっては不具合が発生する可能性があります。
なお、アドオンが追加する項目については、アドオン側で設定してください。

  1. 個別指定:不要な項目,不要な項目 {display:none !important;}
  2. 一括指定:[id*="キーワード"] {display:none !important;}

要素の調査方法

user.cssでカスタマイズしたい部分の要素を調べる方法です。
要素がわかれば一般的なCSSコードを利用する事で、ある程度なら自分自身でカスタマイズする事が可能になります。

  1. ページ(右クリック)→要素を調査
  2. 右側にある「・・・」→設定→右下にある「ブラウザーとアドオンのデバッガー~」と「リモートデバッガー~」にチェックを付ける→×ボタンで閉じる
  3. メニューバー→ツール→ウェブ開発→ブラウザツールボックス
  4. リモートデバッグの接続許可(別ウィンドウ)→OK
  5. 小窓の左上にある「矢印ボタン」をクリック→対象の場所にカーソルを移動→クリックするとその部分の要素がわかる

設定の初期化方法

user.cssの場合は指定部分を削除するだけ元に戻す事ができます。

  1. 個別の初期化方法:user.cssから対象部分のコードを削除する
  2. 一括の初期化方法:user.cssの対象ファイルを削除する
  3. 全体の初期化方法:chromeフォルダを削除する

user.cssカスタマイズ

userChrome.cssの設定(UIなどの表示をカスタマイズ)

userChrome.cssを使ってFirefoxの表示設定をカスタマイズする方法です。
userChrome.cssのUI設定
userChrome.cssのバー設定
userChrome.cssのタブ設定
userChrome.cssのその他の設定

userContent.cssの設定(Webページ内の表示をカスタマイズ)

userContent.cssを使ってFirefoxの表示設定をカスタマイズする方法です。
userContent.cssの設定

オンラインPC館
トップページテクニックPCツールMozilla Firefox → Mozilla Firefoxのuser.css設定