FFmpegの使い方

batファイルの作成

FFmpegをコマンド処理で使用するためには、batファイルの作成が必要です。
batファイルの作成方法

使用する実行ファイル:ffmpeg.exe(ffmpegフォルダ\bin)

FFmpegのコマンド

ファイルコマンド

ファイルの処理で使用したコマンドです。

  1. -y:上書き許可
  2. -i:入力ファイル名

ビデオコマンド

映像や動画の処理で使用したコマンドです。

  1. -vframes:フレーム数(画像が1枚で良いなら省略可能)
  2. -ss:切り出し地点(秒数で指定、動画を再生して確認)
  3. -b:v:ビデオビットレート
  4. -vf:ビデオフィルター
  5. -r:フレームレート数の指定(fps)
  6. -ss:頭部分のカット時間(「-i」より手前に記述した方が処理が速いそうです。)
  7. -t:終わり部分のカット時間(書式は「00:00:00」のように記述する)
  8. -vcodec copy:元のビデオコーデックをそのまま流用する(再エンコードしないので高速処理が可能)
  9. -plays:ループ回数を指定する(「0」を指定すると無限ループになる)
  10. -final_delay:指定秒数後にループ再生する
  11. -f:出力するファイル形式を指定する(「apng」を指定するとアニメーションPNGファイルになる)
  12. -an:音を消す
  13. -vf scale=横幅:縦幅:動画のサイズを指定する(「-1」を指定するとアスペクト比を計算して自動的に値を設定する)

オーディオコマンド

音声の処理で使用したコマンドです。

  1. -ac:音声のチャンネル数
  2. -ab:オーディオの全チャンネル合計のビットレート
  3. -ar:サンプリング周波数
  4. -b:a:オーディオビットレート
  5. -ss:頭部分のカット時間(秒数指定と「00:00:00」の形式での指定が可能、「-i」より手前に記述)
  6. -t:終わり部分のカット時間(秒数指定と「00:00:00」の形式での指定が可能)
  7. -acodec copy:元のオーディオコーデックをそのまま流用する(再エンコードしないので高速処理が可能)

ファイル削除のコマンド

FFmpegで使用したファイル削除のコマンドです。

  1. for /r~:不要ファイルの削除(ターゲットフォルダ内の指定ファイル以外を削除)
  2. del ~:不要ファイルの削除(ターゲットフォルダ内の指定ファイルのみを削除)
オンラインPC館
トップページテクニックPCツールFFmpeg → FFmpegの使い方