BackupF2Fの基本設定

オプション設定

全体の設定となるオプション設定は初期のままで問題ないと思いますが、変更したい項目があれば変更してください。
また、確認メッセージは最下項目からまとめて変更する事もできます。

  1. オプション設定:メニューバー→オプション→詳細設定
  2. 確認メッセージ設定:メニューバー→オプション→詳細設定→確認オプション一括設定

設定項目の注意点

以下の項目は特に注意が必要な設定項目なので、各自の利用方法に合わせて設定してください。

  1. 読み取り専用でも更新:読み取り属性のファイルでも更新対象にする
  2. 同時刻同サイズは同じとみなす:時刻とサイズで判定する(チェックを外すとファイルの内容で判定する)
  3. 遅延書き込み優先:ファイル更新の完了を待たずに終了できる(チェックを外すとファイルの更新が完了するまで終了できない)

経過表示設定

経過表示設定はBackupF2Fの使用時に表示される処理情報です。
通常は全てが表示されるようになっていますが、要最低限の表示設定にする事もできます。

メニューバー→オプション→経過表示設定→小(必要最低限の表示)

実行優先度設定

BackupF2Fの優先度の設定です。
数値を大きくすると処理速度が向上しますが、他の作業を行う場合は重くなります。

メニューバー→オプション→実行優先度設定

設定情報

このソフトの設定情報はレジストリに格納されます。

スタート(右クリック)→ファイル名を指定して実行→regedit→HKEY_CURRENT_USER\Software\ssteinlab

BackupF2Fのバックアップ設定

バッチ設定

基本的なバックアップの設定です。
バッチ設定では複数のバックアップ項目を指定する事ができるので、通常はこちらを利用します。

メニューバー→バッチ→ファイル登録

  1. コメント:設定タイトルを決める
  2. コピー元、コピー先:コピー対象を指定
  3. 上書き、同期:バックアップの種類を選択する
  4. 行追加、コピー:バックアップ項目を追加する
  5. 書き込み:設定ファイル名を決めて保存する

設定ファイルの編集

作成したバッチ設定を編集する方法です。

  1. メニューバー→バッチ→ファイル登録→読み出し→対象の設定ファイルを選択
  2. 行追加、行削除、コピー、ペースト

テキスト形式の設定ファイル

テキスト形式の設定ファイルを利用すれば、エディタなどで直接編集する事ができます。
また、設定ファイルはどちらの形式でも読み出しや書き込みが可能なので、設定ファイルを簡単に変換する事もできます。

  1. メニューバー→バッチ→テキスト形式のbatファイルを標準にする
  2. メニューバー→バッチ→ファイル登録→読み出し、書き込み→テキスト形式バッチファイル、BackupF2Fバッチファイル

設定形式の変換方法:メニューバー→バッチ→ファイル登録→読み出し→BackupF2Fバッチファイル→書き込み→テキスト形式バッチファイル

設定内容の確認

設定内容を確認する方法です。

メニューバー→バッチ→履歴→対象の設定ファイルを選択

全行左右入替

全行左右入替はバックアップ元とバックアップ先を一括で入れ替える事ができます。
バックアップ用の設定でこの機能を使用すれば、一瞬でリストア用の設定を作成する事ができます。

メニューバー→バッチ→ファイル登録→読み出し→対象の設定ファイルを選択→全行左右入替→書き込み

除外設定

バックアップ対象から除外するファイルの設定です。

メニューバー→オプション→コピー対象・除外

オンラインPC館
トップページテクニックPCツールBackupF2F → BackupF2Fの設定方法