スキルテクニック

スキルの習得方法

スキルの習得にはまず必要な知識を学び、それを実際に行って身に着けて行きます。
知識だけでは実際に使えるとは限らないため、どうしても実践経験が必要となります。
また、基礎的なスキルを習得したら、応用して幅を広げて行くと様々な形でのスキルの使い方をマスターする事ができます。
さらに他分野の知識や関連する情報を利用してスキルを高める事も可能です。

問題の解決方法

難問にぶつかると四苦八苦すると思いますが、これはスキルの習得時においても同様です。
大抵は詳しい人に聞いたり、ネットで調べて解決しますが、他にも自分で色々と試してみるのも有効な方法です。
また、考えすぎると脳が煮詰まって簡単な事に気付けない場合もあるので、そういった場合は時間を置いて再度問題に取り組むと言った方法もあります。
さらに長期間間を置くと新しい技術や情報が出ていたりするので、そうした変化によって解決できる事もあります。
いずれにせよあきらめると二度と解決できませんが、あきらめなければいつかは解決できる可能性があります。

  1. 聞く:詳しい人に聞いて解決する
  2. 調べる:ネットで調べて解決する
  3. 試す:実際に色々試して解決する
  4. 時間を置く:時間を置いてから調べる

作業環境の構築

スキルを効果的に利用するには最低でも環境、道具、資金が必要です。
環境は自分が作業を行う場所やPCですが、使用する端末内に専用のシステムを構築しておくとよりスムーズに行う事ができます。
また、使用する道具も自分自身で選別し、効率的にスキルが使用できる工夫が必要です。
さらに端末の故障や環境の強化などで資金が必要な場合もあり、収入がない状態なら当面の生活費も必要です。

  1. 環境:作業に集中できる環境
  2. 道具:作業を効率的に行える道具
  3. 資金:環境作り、運用、強化などに必要な資金

メンタルテクニック

モチベーション

スキル習得において重要となるのがモチベーション(やる気)です。
誰でも人に「やれ」とか「頑張れ」と言われた事があると思いますが、こうした事で本気になれる人は少ないと思います。
最初から興味もやる気もないような事を学ぶ必要はないので、自分がやりたい事をやりたい時にやるのが一番効果的だと思われます。
また、ただ上司や親の命令でやる場合は自分自身にとっては我慢が強いられます。
つまり体と気持ちがアンバランスの状態で取り組む事になり、この状態で自分を追い込むと最悪の場合脳が壊れる可能性もあります。
しかし、自分が求めている場合は、それに合わせるように力を出す事ができます。
こうした状態であれば本人次第でいくらでもがんばる事ができますが、やり過ぎには注意してください。

集中力

脳を使う場合は一点に集中すると言う事が重要です。
他の事を気にすると脳のリソースを無駄に消費してしまい効率が悪くなります。
元々人の脳は複数の事を同時に考えるようにはできていないので、本気で取り組みたい時は他は無視して一点に集中する癖を付けると良いと思います。
この状態だと脳が安定してスムーズに機能するため、高い思考能力を引き出す事ができるようです。

オンラインPC館
トップページテクニックPCスキル → スキルテクニック