ストーキングセキュリティ

ストーキング対策

ストーキング対策を個人だけで行うのは非常に困難です。
これは第三者に狙われた場合はその手から逃れる事は非常に難しいためで、やはり警察の対応改善や国の機関による保護対策が必要だと感じます。
テイラー・スウィフトのコンサート会場にストーカー検出用顔認証システム
ストーカー被害を防ぐには? 識者に聞いたSNSの対処法と警察への相談方法
ストーカー被害の対策や相談先・慰謝料請求
事件に発展しかねないストーカーを遠ざけるには?

ストーキング防衛対策

基本的には防犯グッズを常備して危険に備えると言う方法になると思います。
しかし、これだけで完全に防げるわけではないので、何らかの人的協力が必要だと思われます。

警察によるストーカー対策

最も効果的と思われるストーカー対策は、やはり警察が重大犯罪として認識する必要があります。
さらに被害者や被害者が指摘する相手を対象として通信傍受を行えば、警察機関が真実を容易に知る事ができるのではないかと思われます。
特にこれは全てにストーカー犯罪に有効な方法だと思われるので、早急にこうした対応が望まれます。

ストーキング対策

防犯対策

暴漢やストーカーに攻撃された場合に備えて、日頃から防犯グッズを持っておくと良いかもしれません。
主に第三者に通知できるブザーやGPS、相手を撃退可能な護身用装備、体を保護するプロテクターなどがあります。
また、こうした装備を購入できない場合は、日用品で武器になりそうなものを身につけておいてください。
防犯用品(Amazon.co.jp)
催涙スプレー(Amazon.co.jp)

設備防犯対策

生活に関係する施設に対しても自分でできる程度の防犯対策は行った方が良いかもしれません。
場合によっては留守宅を狙って侵入される事もあるので注意してください。
玄関ドアの補助錠(Amazon.co.jp)
内鍵の補助錠(Amazon.co.jp)
窓の補助錠(Amazon.co.jp)
防犯フィルム(Amazon.co.jp)
防犯アラーム(Amazon.co.jp)
防犯カメラ(Amazon.co.jp)

安全対策

ストーカーなどに狙われている場合は、なるべく周囲や場所に注意が必要です。
戸締まりや留守中の安全対策、橋やホームなど危険な場所の通行など、普段は問題がないような事にも安全対策が必要となります。

証拠写真

第三者が攻撃してきた場合は上述のようなグッズを利用して対抗する事もできます。
その際に可能であればスマホなどで相手の写真を撮影しておくと、証拠として警察に提出する事もできます。
できればいつでも素早く撮影できるように工夫しておくと良いかもしれません。
証拠の確保

オンラインPC館
トップページテクニックセキュリティ対策 → ストーキングセキュリティ