ソーシャル攻撃対策

ソーシャル攻撃対策

ソーシャル攻撃への対策

ソーシャル攻撃対策としては本来国がしっかりと監視し、取り締まる必要があります。
しかし、まだ法律も仕組みも完全ではないため、決め手となるような対策方法はないようです。
個人的な対策としてはネットで検索すると様々な対策情報が得られますが、ほとんどが未解決であるように従来のやり方では難しいように思います。
何らかの解決方法が見つかれば良いのですが、見つからない場合は自分でまったく新しい対策を考えるのも一つの方法です。
ただし、ソーシャル攻撃自体は社会的側面に強く影響しているため、非常に規模の大きな問題になりやすく個人的な対策による解決は難しいかもしれません。
いずれにしても何らかの協力者がいないと、こうした問題に対抗するのは困難だと思われます。
社会犯罪対策

ソーシャル攻撃の相談窓口

こうした被害に遭った場合はいくつかの相談窓口があります。
しかし、これらはソーシャル攻撃に関してはあまり役に立たず、実質的には存在しないも同然です。
専門家ほど単純な攻撃程度しか想定しておらず、トラッキングやストーキングなどの巧妙な攻撃方法を把握していません。
まして実社会での監視やガスライティングなどの社会的な攻撃については、ほとんど病人扱いになるだけのようです。
もちろんはっきりとした証拠があれば別ですが、ソーシャル攻撃の証拠確保はかなり困難となります。
法務省:人権相談
集団ストーカーらしき相手による被害について、法務省インターネット人権相談窓口に相談したら

ソーシャル攻撃のカウンターパワー

法律が役に立たない場合に一番手っ取り早いのはお金です。
つまりお金を使って力のある人間の助けを借りると言う方法ですが、これはそれなりに財力がないとできないものです。
また、リスクや人脈と言った問題もあるため、誰もが簡単にできる方法ではありません。
お金がなくてもできる方法としては対立組織に入る事ですが、これで解決できるかはわかりません。

ソーシャル攻撃への自己処理

国があてにならないなら、自分の全力を投じて立ち向かうしかないように思います。
力、知恵、人脈、金など持てるもの全てを使って戦いますが、結果として自分が勝たなければ意味がありません。
また、陰謀を解き明かすには、かなり強引な手法が必要となる場合も考えられます。
覚悟を持って本気で取り組めば、犯人に証言させる事も可能かもしれません。
これは非合法な手段をすすめているわけではないですが、どんな手段を使おうが全て自己責任となります。

オンラインPC館
トップページテクニックセキュリティ対策 → ソーシャル攻撃対策