ネット管理

検索エンジンの管理体制

検索エンジンでは検索情報の管理も行っています。
最近では逮捕歴に関する情報をどうするかと言った問題があるようです。
Google、“セーフ ブラウジング”のWebサイトをリニューアル
Google、違反繰り返すWebサイトを「再犯者」に指定
ヤフー検索で出てくる「逮捕歴」を消してほしい 裁判所はなぜ認めなかったか?

ネット企業の管理体制

ネットサービスの多くは非常にずさんな管理体制を行っています。
有名な大手企業ですら電話の窓口を持たず、メール対応がほとんどで中にはまったくサポートを行っていない企業もあります。
法的には問題がないのかもしれませんが、無料であっても利用者がいる以上は様々な問題が生じるため、適切な管理方法とは言えません。
また、サポートだけでなく、内外のセキュリティ対策や問題対処への取り組みも適当で粗末なものが多くなっています。
現在発生しているサービス内でのトラブルの多くは、実はこうしたネット企業の管理不備によるものが大半です。
さらに事前対策ではなく、事後対処を行っている所がほとんどで、ユーザーの声に耳を貸さず儲け一本主義と言う企業が多くなっています。
今後はネットのサービスを利用する際に、こうした企業の管理体制にも注意する必要があるようです。

ネットサービスの管理体制

ネットサービスの中には非常に犯罪性のあるサービスも存在します。
こうしたサービスを提供した場合、最悪のケースでは逮捕者や事件が多発する事となるため、管理サイドも非常に慎重に対応する必要があるようです。
しかし、サイトによっては警察任せで、あまりルールやシステムを改善しようとしていない所もあります。
こうしたサイトでは当然ながら問題が多発するため、コンテンツとして成り立たなくなります。
問題が多発すれば多くの利用者が減少し、残るのはそうしたトラブルを好む者だけとなります。
こうなるとユーザーの質は一気に低下し、独特のユーザー層が集まる異様なサイトに変貌します。

コミュニティサイトの管理体制

コミュニティサイトの多くは異性間の出会い系サイトになっていますが、こうした行為は多くのサイトで禁止しています。
にもかかわらず不正行為の出会い目的で利用する者が多い理由は、管理者がまったく管理していない点にあります。
建前上出会いを禁止としているだけで、実際にはあからさまな募集が多く、そのために一般の交流を望む人は利用しなくなっています。
「チャットアプリのつもりだった」経営者逮捕…なぜ「出会い系アプリ」と判断された?

オンラインPC館