データの保管方法

内蔵ドライブ

データの保管先として比較的扱いやすいのが内蔵ドライブで、スペースも必要とせず管理も楽で処理速度も高速です。
ノートPCでは複数HDDの利用は困難ですがデスクトップなら大抵空きがあるので、そこにHDDやSSDを入れてバックアップ用に利用すると便利です。

外付けドライブ

安全性では内蔵型よりも外付けに保存した方が効果的で、同時故障の可能性も低くノートPCでは特に重宝すると思います。
データ量が少ない場合やデータを持ち運ぶ場合はUSBメモリを利用し、容量が多い場合は外付けHDDに保存します。
HDDの台数が増えてきたら、HDDケースを利用すると管理が楽になります。

クラウドのデータ保管方法

オンラインストレージ

ネット上にあるストレージサービスも利用できますが、まだ問題点も多く大量のデータを長期保存するには向きません。
特に無料サービスであれば大抵は保存データの保証がないため、何らかのトラブルで消失する可能性もあります。
しかし、少量のデータを一時的に保存したり、他の人と共有するような使い方は可能です。
また、データの保存場所がPC外部にあるため、現地で様々な問題(盗難、破損、災害など)が発生してもアップロードしたデータは残ります。
さらに利便性も高くネット環境とアカウント情報さえあれば、いつでもどこからでもデータを利用する事ができます。
ストレージサービス

データ管理サービス

有料ですがデータを自分に代わって安全に保管・管理してくれるサービスもあります。
データはネット上から利用可能となっており、安全対策やセキュリティもしっかりしています。
ただし、どちらかと言うと企業向けのサービスなので、個人で利用するにはかなりのコストがかかります。

データ保管テクニック

イメージデータの保管方法

イメージデータの安全な保管方法です。
容量的に問題がなければ使い勝手の良い大容量タイプのUSBメモリがおすすめです。
また、ディスク交換だけで復旧できるクローンディスクの場合は、オリジナルと同じタイプのHDDが別途必要です。
効果的なUSBディスクの作り方

ディスク障害でも復旧可能:USBメモリ、外付けHDD、クローンディスクなど

ドライブの管理方法

データを長期保管する場合はドライブのエラーチェックや常時監視を行う事で、より安全なデータ管理が可能になります。
ハードウェアセーフティソフト

オンラインPC館