情報管理

情報管理

情報悪用への対策にはバックボーンや政府機関による監視や管理の徹底が必要だと感じます。
組織や企業が横の繋がりを用いれば、バックボーンの情報が流用する可能性もあります。
いずれにしてもバックボーンが個人の情報を守る最後の壁となるのは確かだと思われます。

通信監理

現在の通信技術は何らかの被害を証明したとしても、そこから攻撃者を追跡して特定する必要があります。
しかし、攻撃者が痕跡の隠ぺい、海外経由、偽装などを行う事で、追跡できなくしている場合は攻撃者の特定に繋がりません。
この流れを見てもわかる通り、これでは特定できる確率は非常に低いものとなります。
今後はこうした通信監理を容易にし、攻撃者の特定を速やかに行える仕組み作りが必要だと感じます。

個人情報保護法

個人情報保護法は個人情報の取扱いに関する法律です。
個人情報の保護に関する法律とは
改正個人情報保護法、上場企業のプライバシーポリシー対応「不十分」が97.8%
本日より改正個人情報保護法が施行される
改正個人情報保護法案が閣議決定 データベース提供罪創設、「ビッグデータ」活用へ規定整備

情報管理の課題

情報管理の課題

最近は国も企業も情報を集めて利用しています。
中には私的に悪用する者も存在しますが、よほどの事がない限り発見に繋がる事は少ないようです。
また、情報の盗用や悪用であってもわかりづらいものなら証明が困難なため、警察や弁護士に被害を訴えても難しい部分があります。
こうした情報の安全性に関する問題は個人端末だけでなく、サーバーやプロバイダにまで及びます。
個人で対応できるのは個人が所有する端末までであり、そこから先は外部の管理下にあるため自由にはできません。
つまりは企業の情報管理や国の取り締まり方が甘いため、情報を悪用したトラブルは中々解決できない状況になっているのが現状です。

情報セキュリティの課題

どのようなセキュリティを構築しても、第三者が情報を入手して悪用すれば突破は容易であり、セキュリティそのものの意味がなくなります。
こうした問題に対応しようにも現在では様々な企業が個人の持つ情報を活用しているため、個人での情報管理には限界があります。
今後はこうした国や企業が情報の取り扱い方と真剣に向き合って対策を講じない事には改善は難しいかもしれません。

オンラインPC館