パソコン

集団ストーキングセキュリティ

集団ストーキング対策

集団ストーキングの場合は証拠を確保して警察などに届け出るしかないようですが、相手が集団のため通常のストーキングとはまったく勝手が違います。
恐らく証拠を見つけるだけでも容易ではなく、様々な嫌がらせや妨害を長期的に受ける事になるため、早急に国の対応が必要だと思われます。
警察によるストーカー対策
「集団 ストーカー」の相談
集団ストーカー問題を克服する
集団でいやがらせ行為をしたらストーカーとして逮捕される? 逮捕の要件や刑罰を解説
一人で戦うのは難しい「集団ストーカー」にどう立ち向かうべきか
電磁波返し(その1)
集団ストーカー被害者が反撃する事件が最近増えてる事に加害者は気づいてる?
集団ストーカーによるサイバーテロ被害について
電磁波攻撃・嫌がらせ防止の有効手段

総合ストーキング対策

集団ストーキングの場合は総合的なストーキング対策が必要となります。
こうした対策を行っても防ぐのは容易ではありませんが、何もやらないよりはましです。
ストーキングセキュリティ
ネットストーキングセキュリティ
集団攻撃対策

集団ストーカー被害者情報

集団ストーカー情報

集団ストーカーの情報です。
集団ストーカー.info(企業ストーカー、職場ストーカー)
集団ストーカー被害者の方の交流掲示板

集団ストーカー被害者の会

集団ストーカーの被害者の会の情報です。
NPO Targeted Individual Japan
組織ストーカー電磁波犯罪被害の会
集団ストーカー被害者の会ネットワーク
被害者の会 - テクノロジー犯罪・集団ストーカー
蒼空の会
新しい犯罪から日本を守る会
集団ストーカー・沖縄被害者の会
テクノロジー犯罪被害ネットワーク

集団ストーキング戦術

対集団ストーカー戦術

自分にとって有害な人間は集団ストーカーに関係あろうとなかろうと対処する必要があります。
担当者(攻撃者)が一人であれば1対1の戦いに持ち込めるので、うまくやれば効果的にダメージを与える事ができます。
企業としてサービスを提供している以上はその責任が伴うため、加害的な行為を行えばどのような内容でも不利になります。
要はその部分を効果的に活かしてうまく戦えるかどうかです。

客観的視点

集団ストーキングの場合は被害者の多くが自分視点で被害内容を説明しています。
しかし、これだけでは非常に不十分で、場合によっては単に頭のおかしい人としか見えません。
集団ストーキングの場合は必ず客観的に見て、誰が見てもおかしい事象に対してのみ対応する必要があります。
つまり常に集団ストーキングと紐付ける必要はなく、個人的問題として個々で対処するという事になります。

ソーシャルサービスの活用

SNSやレビューなどのソーシャルサービスを活用して、工作員の情報を公開または共有する事も有効な対抗手段となります。
攻撃者は何らかの悪意ある行動を取るので、そうした情報をネット上で提供する事は攻撃サイドにとって非常に不利となります。
また、情報操作によってターゲットを悪者に仕立て上げ、他の人間を巻き込んで敵を増やしている場合にもこうした情報公開は効果的です。
うまくやれば多くの人に真実を気付かせる事ができ、状況を一変できるかもしれません。
なお、ソーシャルサービスを活用する場合は鍵アカにしないようにしてください。

集団ストーキング対策

工作員対策

企業などに入り込んでいる工作員への対策です。
大抵は不自然な行動で嫌がらせを行うので、企業であればクレームを入れるのがベストだと思われます。
ただし、クレームを行う際には悪質なクレーマーにならないよう節度ある態度で苦情を伝えてください。
また、近隣騒音や通行妨害などの企業のサービスと無縁の工作員の場合は110番への通報が効果的です。

腐敗企業対策

企業全体が腐敗している場合はその企業のサービスは利用しないでください。
また、ソーシャルサービスの活用や外部機関に事の次第を伝えるような方法も有効だと思われます。

防犯対策

集団ストーカーも他のストーカーと同様に可能な限り防犯対策を行う必要があります。
加害者側が行動に移していなくても、多くの場合は情報が筒抜けなので女性は特に注意が必要です。
防犯対策
護身対策
記録対策
携帯型記録対策

集団ストーキングの注意点

あてにできないもの

あてにできないのが探偵、弁護士、警察です。
探偵はろくに調査もせず金だけ取られる場合が多いため、おすすめできません。
そもそも集ストは探偵を上回るので、依頼しても無駄に終わると思います。
また、警察や弁護士はよほど決め手となる証拠がないと相手にされません。
なのでしっかりと証拠を集める事ができたら、そちらに行く事をおすすめします。

精神病の可能性

集ストを受け続けると様々な精神病を発病する可能性が高まります。
特にテクノロジー犯罪の場合は加害によるものと病気によるもののどちらかは判断が難しい部分もあります。
ですからまずは病院で診断を受けて薬による治療を行うのも一つの対処法となります。

PC
トップページテクニックセキュリティ対策 → 集団ストーキングセキュリティ