その他の情報

個人の情報

人には大抵癖や好みなどがあり、それらが識別情報として利用される場合もあります。
声質、顔、考え方、話し方、趣味趣向、アカウント、利用サービスなどがあり、これらはネットで交流していれば簡単に得られる情報です。
また、利用するWebサービスの種類や時間帯による絞り込みも可能で、条件次第では高度な技術がなくても識別される可能性があります。

実社会の情報

個人が特定されている場合は実社会において、監視や追跡が行われている場合もあります。
ネットで使用していない情報をネット上の人間が知っていれば、その可能性が高いと思われます。
相手が実社会にまで出てきている場合は、生活にも影響が出始めるので警察などに相談してください。

複合的な情報

これらの特定の情報だけを利用する事もあれば、様々な場所で収集を行って複合的に利用している場合もあります。
特に最初は何らかの情報を狙うと思いますが、その後の攻撃によっては他の情報も集まるため、より複雑化しているかもしれません。
また、組織的な情報収集の場合は自分たちのネットワークを活かせるので、一ヶ所で情報収集を行う事はないと思われます。

オンラインPC館