データ犯罪対策

データ犯罪対策

データを活用した犯罪対策

データを活用した犯罪対策の情報です。
全米犯罪情報センターとは

デジタルフォレンジック

デジタルフォレンジックは犯罪の証拠を見つけ出すための技術や方法の事です。
サイバー犯罪においてはこのデジタルフォレンジックが非常に重要となっています。
デジタルフォレンジックとは
スマホやPC、データの“海”から犯罪立証「デジタルフォレンジック」 大阪地検特捜部が初公開
SSDのせいで現代の犯罪捜査が極めて困難になっている状況が判明、その原因をSSDの仕組みから解説
「デジタル・フォレンジック」の限界
サイバー事件の捜査手法をひも解く 「フォレンジック」とは何か?
サイバー事件の捜査手法をひも解く 「デジタル・フォレンジック」の使い方


様々なデータ犯罪対策

ビッグデータを活用した犯罪対策

最近では犯罪対策にもデータが活用されはじめています。
データも使い方次第では有効に活用する事ができますが、実際にそうした成果も出ているようです。
最近起こった「黒子のバスケ脅迫事件」では、ビッグデータの活用により特定に繋がっています。
ビッグデータとは
モトローラ、米警官の装着するボディカメラに顔認識技術の導入を計画
1719件のうち58%に対応 LINE、犯罪捜査機関への情報開示状況を公開
米ミネソタ州地裁、特定の氏名で画像検索した人全員の情報をGoogleに請求できる捜査令状を発付
「Amazon Echo」に殺人関連の命令が? 履歴データ開示要請にAmazonが異議
事件を起こしそうな人物・組織をSNSの投稿・言動・日時・場所などのビッグデータから予測可能なソフトウェアを警察がテスト中
エネルギー管理:原子力発電所でもビッグデータ、2500種類のパラメータから故障を予見
「日本のIT、完敗の恐れも」 ヤフー、「パーソナルデータ」活用規制に危機感
“ビッグデータ”が容疑者特定に寄与 「黒子のバスケ」脅迫事件 43億件のアクセス履歴分析
ビッグデータ活用のために法改正へ 欧米企業参入への対応も論点に

画像・映像データを活用した犯罪対策

写真や映像のデータも犯罪対策に活用されはじめているようです。
英警察、人工知能による画像捜索システムを開発中。しかし課題も
歩き方で人物特定、一致率9割超 防犯カメラで被疑者追跡や高齢者見守りも
顔認証技術の性能アップで運転免許証の写真から犯罪者の逮捕率が急激に向上
英警察、自動顔認識技術を使用した容疑者逮捕に初めて成功
イギリス警察はUEFAチャンピオンズリーグ決勝を観戦にくる推定17万人のファンの顔をスキャンする予定
日立、AIを活用した映像解析でリアルタイムに人物発見・追跡する技術を開発
FBIが犯罪捜査に使う顔認識技術は「正確性に欠ける」のに規制がない
万引犯の写真公開は許されるか 「人権侵害」の声に小売業界は反論……「きれいごとでは被害防げない」
機械学習を用い、犯罪者を顔写真から高い確率で識別できたとの研究結果
顔写真のデータベースから犯人を検索して身元を特定する技術が実際に使われていた
米国では1.2億人の顔写真データベースが警察によって構築されている
顔認証分析、はじめて列車強盗を逮捕する

DNAデータを活用した犯罪対策

DNAを活用したDNA鑑定に関する情報です。
米国の地方警察で独自のDNAデータベース構築が進む
静岡県警、DNA型採取を拒否する容疑者に執拗に要求…日弁連が改善求める
クウェート、すべての国民からの「DNA強制採取」を決定

オンラインPC館
トップページテクニックセキュリティ対策 → データ犯罪対策