危険国対策

危険国対策

ソフトウェア、ハードウェア、ウェブサービスも生産する国によっては非常に危険なものがあります。
最近特に危険視されている国が以下の4ヶ国となっているので、これらのものを利用する場合は十分注意してください。

危険国:中国、北朝鮮、韓国、ロシアなど

危険国への対策方法

危険なIPアドレス

危険な国のIPアドレスと接続する事は、ハッキングリスクを高める危険性があります。
なるべくならこれらのIPはブロックしておいた方が安全です。
危険な国のIPアドレス

危険なプログラム

危険な国のプログラムはインストールするだけで、プライバシーリスクを高める危険性があります。
なるべくならこれらのプログラムはインストールしない方が安全です。
危険な国のプログラム

危険なサービス

危険な国のWebサービスは利用するだけで、プライバシーリスクを高める危険性があります。
なるべくならこれらのサービスは利用しない方が安全です。
危険な国のWebサービス

危険なデバイス

危険な国のデバイスは使用するだけで、事故リスクやプライバシーリスクを高める危険性があります。
なるべくならこれらのデバイスは使用しない方が安全です。

危険な国のデバイス:中国、北朝鮮、韓国、ロシア

オンラインPC館