バックボーン管理

プロバイダの管理体制

サイトの管理者は悪質行為に対して、該当ユーザーのプロバイダに通報する事ができます。
しかし、通報したとしてもよほどの事がない限りは、注意程度で終わる場合が多いようです。
また、ユーザーが悪質行為を行っても自分たちに責任はないと言うスタンスが多く、退会処分などの厳罰にする事はまれのようです。
つまり荒らし行為によって規制されても、処罰が軽いため何度でも行われる事が多く、巻き添えで規制される他のユーザーが迷惑するだけのようです。
さらにプロバイダによっては自社の抱えるユーザーが悪質行為を行ったにもかかわらず、通報する際に画像では受け取れないなど注文を付ける所もあります。
このような適当な対応方法を行っていたのは一部のみでしたが、他のプロバイダでも対応の悪い所はあるかもしれません。
プロバイダ責任制限法関連情報Webサイト
プロバイダ責任法とは
インシデント支援サービス
荒竹弁護士、“あやふや”なプロバイダ責任制限法を語る

サーバーの管理体制

サーバーにも悪質なサーバーやスタッフが存在するようです。
特定のユーザーの情報を第三者に流したり、悪用してネットストーキングを行う者もいるようです。
こうしたサーバーの管理体制は非常にあいまいで、ずさんな管理を行っている企業も存在しています。
また、最近ではCDNなどの中継サーバーも、情報の悪用や収集を行っている場合があるようです。
これらのサーバーに対してユーザーは強制的に情報を提供しているため、ネットの大きなセキュリティホールとも言えます。

オンラインPC館
トップページテクニックセキュリティ対策 → バックボーン管理