SSDの初期設定

SSDの初期設定

SSDはHDDは異なる仕様のため、使用する際にいくつか注意点があります。
ただし、製品によっては最初から対策されているものもあるので、製品の仕様に合わせて設定してください。
ドライブチェックソフト
SSD最適化ソフト

SSDの設定

Prefetchの無効化設定

SSDではPrefetchを無効にしてください。
fetchはファイルやキャッシュを管理するための機能ですが、SSDで使用すると速度低下を招くと言われています。

  1. スタート(右クリック)→ファイル名を指定して実行→regedit
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management\PrefetchParameters
  3. 「EnablePrefetcher」の値を「0」にする

Trimの有効化設定

SSDを使用する場合はTrimを有効にしてください。
TrimはSSDに使用する事ができるデフラグのような機能で、これにより速度低下を防ぐとされています。

スタート(右クリック)→コマンドプロンプト→fsutil behavior query DisableDeleteNotify

  1. fsutil behavior set disabledeletenotify NTFS 0
  2. fsutil behavior set disabledeletenotify ReFS 0

デフラグの無効化設定

SSDを使用する場合はデフラグを無効化してください。
SSDは元々断片化の影響を受けづらく、使用するとSSDの寿命が短くなるなどの弊害が生じるためです。
SSDにデフラグは必要か不要かの論争に終止符

スタート(右クリック)→ファイル名を指定して実行→dfrgui→設定の変更→スケジュールに従って実行する(チェックを外す)

不要なデータの書き込みを防止する設定

ハイバーネーションの無効化設定

ハイバーネーションはスリープモード(休止状態)を使用する際にデータを書き込むので、不要な場合は無効化した方が無駄がありません。

スタート(右クリック)→コマンドプロンプト→powercfg.exe /hibernate off

システム復元の無効化設定

システムの復元も同様にデータを書き込むので、不要なら無効にしてください。
システムの復元

不要なら無効化

仮想メモリの設定

仮想メモリもデータを書き込むので不要なら最低限度の設定値にするか、完全に無効化してください。
仮想メモリ
仮想メモリを無効にする

5GB以下推奨(不要なら無効化)

オンラインPC館