プライバシー設定

プライバシー設定

Windows 10からはプライバシー設定が設けられているので、各自の環境に合わせて必要な項目を設定してください。
ただし、このプライバシー設定は少々癖があり、使用環境によっては完全に無効にすると不具合の原因になる事もあるので注意してください。
プライバシーソフト
デフォルトのままは危険? 「Windows 10」のプライバシー設定はこう変えよう

スタート(右クリック)→設定→プライバシー

Windowsのアクセス許可設定

全般の設定

プライバシーの全般設定です。
プライバシーに関連する様々な設定が可能です。

スタート(右クリック)→設定→プライバシー→全般

  1. ユーザー情報を使って適切な広告を表示する
  2. 言語情報を使って適切な言語でサイトを利用する
  3. ユーザー情報を使ってスタート画面や検索機能の品質を高める
  4. 設定に関するおすすめ情報を表示する

音声認識の設定

音声認識の設定です。
Cortanaやクラウドで音声認識を使用する場合は有効にしておく必要があります。

スタート(右クリック)→設定→プライバシー→音声認識

入力の設定

入力関連の設定です。
手描き入力や入力履歴から情報を集めて適切な候補を表示する辞書を作成します。

スタート(右クリック)→設定→プライバシー→手描き入力と入力の個人用設定

診断の設定

診断の設定です。
MSにどの程度の診断データを送信するかや診断データの削除などが行えます。

スタート(右クリック)→設定→プライバシー→診断&フィードバック

アクティビティの設定

アクティビティの設定です。
アクティビティ履歴は過去に使用したファイル、フォルダ、アプリ、アクセスしたWebサイトなどの記録情報です。
これも記録しない設定やMSに送信しない設定が可能です。

スタート(右クリック)→設定→プライバシー→アクティビティの履歴

アプリのアクセス許可設定

位置情報の設定

PCの位置情報の設定です。
端末の位置情報の記録やアクセスの許可を設定する事ができます。
このサービスを無効にすると地図アプリなどで位置情報が利用できなくなります。

スタート(右クリック)→設定→プライバシー→位置情報

カメラやマイクの設定

カメラやマイクを使用する場合はこの設定を完全に無効にはしないでください。
ただし、安全性を高めるためにも使用許可を与えるアプリは限定する必要があります。
マイク音声が出ない

スタート(右クリック)→設定→プライバシー→カメラ、マイク

通知の設定

通知の設定です。
タスクトレイ上でユーザーに通知したい場合に使用されるもので、無効にすると通知が一切出なくなります。

スタート(右クリック)→設定→プライバシー→通知

ワイヤレスの設定

WifiやBluetoothなどの無線周りの設定です。
完全に無効にするとアプリから無線機能を一切使用できなくなります。
無線通信ができない

スタート(右クリック)→設定→プライバシー→無線

特殊な無線通信の設定

デバイス間の特殊な無線通信設定です。
ここで有効に設定されたアプリはペアリング無しでも通信を行う事ができます。

スタート(右クリック)→設定→プライバシー→他のデバイス

バックグラウンドの設定

バックグラウンド動作の設定です。
バックグラウンドで動作が必要なアプリはここで有効にしておく必要があります。

スタート(右クリック)→設定→プライバシー→バックグラウンドアプリ

自動ダウンロードの設定

ファイルの自動ダウンロードに関する設定です。
オンラインストレージから自動ダウンロードさせるかを設定する事ができます。

スタート(右クリック)→設定→プライバシー→ファイルの自動ダウンロード

その他の設定

その他の様々な情報やフォルダに対してアクセスを許可する設定です。

スタート(右クリック)→設定→プライバシー→アカウント情報、連絡先、カレンダー、通話履歴、メール、タスク、メッセージング、アプリ診断情報、ドキュメント、ピクチャ、ビデオ、ファイルシステム

オンラインPC館
トップページテクニックパソコン → プライバシー設定