PCのポイント

PC選択時の要素

PCの購入時には利用用途に合わせて条件設定をすると見つけやすくなります。
PCがどんな時にパワーを必要とするかがわかっていれば、どれくらいのスペックが必要かもわかります。
また、性能だけで選択するのではなく、必ず信頼性やレビューもチェックしてなるべく評判の良い所を選ぶ必要があります。
自分にピッタリのマウスとキーボードを選ぶ方法

  1. 利用用途に合わせて選択
  2. 製品の品質
  3. 必要なスペック構成を選択(基本スペック
  4. 拡張性の確認(拡張スペック
  5. レビューなどで使いやすさをチェック
  6. メーカーやサポートの信頼性
  7. コストパフォーマンス(費用対効果)

PCの利用用途

利用用途によっては、さほどハイスペックを必要としない場合もあります。
例えば外に持ち出して使いたい場合なら、必然的にノートPCやタブレットPCと言った選択肢になります。
この場合ならスペックを重視するよりも、軽量でバッテリーが長持ちする方が効果的かもしれません。
このように自分がどのように使うかを知る事は非常に重要なので、PC購入時には利用用途を把握する事が先決になります。

  1. ミドルスペック(一般用途):CPU重視、コストパフォーマンス重視
  2. ハイスペック(3Dゲーム、動画処理など):GPU重視
  3. モバイル(屋外利用、携帯利用など):ノートPC、タブレットPC、スマートフォン

性能や機能のバランス

PCを選ぶ時に大事なのはスペックだけではなく、信頼性や使いやすさなども重要になります。
主に端子類の有無や配置場所、キーボードの打ちやすさ、ディスプレイの見やすさ、排熱処理の性能、静音性などで、特にUSB3.0端子は必須です。
初心者の人ほどスペックだけにこだわりやすいですが、実際はこのように全体を通して判断する必要があります。
「残念仕様」はこうして隠される PC周辺機器コストカットの手口

  1. キーボードの打ちやすさ
  2. ディスプレイの表示性能
  3. 拡張性、必要な端子類の有無、端子の配置場所
  4. 冷却性能、排熱性能、静音性

PCの品質

PCのスペックがいくら高くても品質が悪いものは非常に使いづらい印象を受けます。
やはり購入時にはスペックと共にこの製品の品質も重要になるようです。
特に注意したいのが中古品や海外製のPCで、品質を求める場合はこれらは避けてください。
PC機器サービス

PCのオプション

PCの保証サービス

PCを長い期間使用し続ける場合は、購入時に延長保証に入る必要があります。
また、PC購入後にパーツ交換した場合は保証対象外になる事もあるので注意してください。

  1. 長く利用する場合は延長保証を利用する(3年~5年程度)
  2. パーツ交換すると保証対象外になる

セールやクーポンの活用

PCによってはセール中であったり、クーポンによる割引が適用される場合があります。
これらを効果的に活用すれば通常よりも大幅に安い金額で購入する事ができます。

セールやクーポンを活用してできるだけ安く購入する

オンラインPC館
トップページテクニックパソコン → PCのポイント