画像の最適化

画像容量の削減方法

画像を最適化して画質を保ったまま容量を大幅に削減する方法です。
PNGの場合はリンク先の2つを組み合わせて使用し、JPEGはmozjpegを使用します。
様々な最適化を使用して最終的に効果の高かった組み合わせを選択しており、いずれもコマンド操作だけで実行できます。
画像最適化ソフト

画像最適化を利用する際の注意点

画像最適化後にリサイズなどの変更を行うと容量が増える事があるので、画像加工は最適化前に行っておいた方が無難です。

Exifについて

Exif情報は画像に様々な情報を埋め込む技術です。
多くの場合は危険性が高いため、削除しておくのが無難です。
ただし、Exifに対応しているのは以下の3種の画像形式のみで、メジャーなものではJPEG画像の作成時に注意しておくと良いようです。
また、最近の携帯端末やソフトでは自動的にExif情報を削除するものもあります。
Exifとは
メタデータ削除ソフト

Exif対応形式:JPEG、TIFF、JPEG XR

画像の対応形式

グラフィックソフトの対応形式を増やす方法

利用しているグラフィックソフトの対応形式を増やす方法です。
これにはSusieプラグインを利用する事で可能ですが、利用するグラフィックソフトがSusieプラグインに対応している必要があります。
Susieプラグイン
ファイルの関連付け方法
MassiGraの使い方

特殊なファイルの扱い方

AdobeのファイルにはPDF、PSD、AI、EPSなどの特殊なファイル形式がありますが、これらの表示や変換には以下のような方法で可能となっています。
Susieプラグインは対応した画像編集ソフトを利用すれば編集や変換も可能です。

  1. PDF(PDF文書のファイル形式):表示、編集、変換(PDF-XChange Editor
  2. PSD(Photoshopのファイル形式):表示、編集、変換(Susieプラグイン)、変換(ImageMagick
  3. AI(Illustratorのファイル形式):表示、編集、変換(PDF-XChange Editor
  4. EPS(Photoshop、Illustratorのファイル形式):表示、編集、変換(XnView)、変換(ImageMagick
オンラインPC館
トップページテクニックPCテクニック → グラフィックテクニック