デスクワーク対策

デスクワーク対策

デスクワークでは長時間座ったままの姿勢で固定されるため、体が硬くなって血液の循環も悪くなります。
また、PCの設置部分や姿勢が同一なため、負担部分も変わらない点も問題があるようです。
こうした様々な問題があるため、長時間の座り仕事は体に良くないと言われています。
対策としては定期的に休憩や運動を取り入れたり、姿勢を変えて負担を分散するなどが効果的だと思われます。
長時間座って過ごす人の心血管疾患・早期死亡リスク、テレビ視聴で上昇し、仕事では上昇しないとの研究成果
身体を動かす仕事がデスクワークより健康的というわけではない
長時間座る生活を続けると死亡リスク増

エコノミークラス症候群対策

エコノミークラス症候群は長時間同じ姿勢でいる事によって血栓が生じるものです。
デスクワークでも同様の障害が発生する可能性があるため、長時間座り仕事をする場合には対策が必要となります。

  1. 水分を取る
  2. 下半身の運動(足首を回すなど)
  3. 弾性ストッキング

コーヒーの摂取

デスクワークのティータイムに欠かせないのがコーヒーですが、一日の摂取量や摂取方法によって健康面に様々な効果があるようです。
コーヒーの摂取頻度が多いほど死亡率が低いという調査結果
カフェインに加齢で発生する炎症を防ぐ効果が確認される
コーヒーを飲む人は早死リスクが15%低い:20万人以上の研究結果
イーバランス、全自動コーヒーメーカー「ROOMMATE ルームカフェ エクセレント」を発売
コーヒーを科学してわかった、香りの秘密、健康への影響

オンラインPC館
トップページテクニックPCテクニック> → デスクワーク対策