デスクワーク対策

デスクワーク対策

デスクワークでは長時間座ったままの姿勢で固定されるため、体が硬くなって血液の循環も悪くなります。
また、PCの設置部分や姿勢が同一なため、負担部分も変わらない点も問題があるようです。
こうした様々な問題があるため、長時間の座り仕事は体に良くないと言われています。
対策としては定期的に休憩や運動を取り入れたり、姿勢を変えて負担を分散するなどが効果的だと思われます。
長時間座って過ごす人の心血管疾患・早期死亡リスク、テレビ視聴で上昇し、仕事では上昇しないとの研究成果
座りっぱなしの生活を送っていても1日数十分の運動で健康リスクを相殺できる
パソコン作業で座りっぱなしの仕事でも正しく座ることで体の負担を減らすことができる。人間工学的に正しい座り方
身体を動かす仕事がデスクワークより健康的というわけではない
長時間座る生活を続けると死亡リスク増
これぞ東洋医学。薬を使わずにたった5分で頭痛を治す8つのツボ押し療法

エコノミークラス症候群対策

エコノミークラス症候群は長時間同じ姿勢でいる事によって血栓が生じるものです。
デスクワークでも同様の障害が発生する可能性があるため、長時間座り仕事をする場合には対策が必要となります。
1日10時間座っている&運動不足だと細胞が老化するという調査結果が明らかに
座りすぎによる健康への影響は普通の運動では回復できていない

  1. 水分を取る
  2. 下半身の運動(足首を回すなど)
  3. 弾性ストッキング

マルチタスクの効果

マルチタスクを行う事は様々な問題を起こすなどデメリットが多いようです。
人間の脳はマルチタスクに向いていない
マルチタスクによって生じる精神的・身体的問題がさまざまな研究から判明
いくつもの作業を同時にしてはいけない12の理由

コーヒーの摂取

デスクワークのティータイムに欠かせないのがコーヒーですが、一日の摂取量や摂取方法によって健康面に様々な効果があるようです。
1日に3杯以上のコーヒーを飲むと片頭痛が発生しやすくなると判明
コーヒーを飲むと運動能力がブーストされることが判明
コーヒーの摂取頻度が多いほど死亡率が低いという調査結果
コーヒーを飲んでいないときに起きる頭痛は「カフェイン切れ」の可能性アリ
コーヒーの香りには「嗅ぐだけ」で脳の働きを活発にする効果がある
「コーヒーをたくさん飲む人は長生きする傾向がある」という研究結果
1日4杯のコーヒーで得られる4つの驚きの健康効果
カフェインに加齢で発生する炎症を防ぐ効果が確認される
コーヒーを飲む人は早死リスクが15%低い:20万人以上の研究結果
イーバランス、全自動コーヒーメーカー「ROOMMATE ルームカフェ エクセレント」を発売
寝る前にコーヒーを飲むと体内時計がずれて「朝起きられない」が加速する
コーヒーを科学してわかった、香りの秘密、健康への影響
うつ病や自殺の危険性低下・運動能力向上などコーヒーを飲むべき11の理由
コーヒーを1日当たり4杯以上飲み続けると早死にする危険性あり

オンラインPC館
トップページテクニックPCテクニック> → デスクワーク対策