コマンドツール

コマンドプロンプト

コマンドプロンプト(COMMAND.COM)は従来からWindowsで利用されるシェルです。
CUIで様々なコマンドの実行に利用する事ができます。
シェルとは
コマンドプロンプトとは

  1. コマンドプロンプトの起動方法:スタート(右クリック)→ファイル名を指定して実行→cmd.exe
  2. コマンドプロンプトのパス:C:\Windows\System32\cmd.exe

PowerShell

PowerShellは強化版のWindowsシェルです。
従来のコマンドプロンプトよりも強力で、使用できるコマンドは1000以上と言われています。
現在のWindowsではこちらのPowerShellが使用される設定になっています。
Windows PowerShellとは
「PowerShell」の次期バージョンは「PowerShell Core 6.3」ではなく「PowerShell 7」

  1. 起動方法:スタート(右クリック)→Windows PowerShell
  2. パワーシェルの実行ファイル:powershell.exe

batファイル

batファイルはWindowsコマンドを記述したファイルを作成して利用する事ができます。
コマンドプロンプトと違ってファイル形式で利用できるため、1クリックで処理する事ができます。
batファイル

コマンドプロンプトのテクニック

ウィンドウ設定の変更方法

コマンドプロンプトのウィンドウ設定の変更方法です。

  1. ウィンドウ設定:コマンドプロンプトを起動→画面左上のアイコン→プロパティ→レイアウト→ウィンドウのサイズ、ウィンドウの位置
  2. ウィンドウ設定の情報:HKEY_CURRENT_USER\Console

特定のフォルダ上で起動する方法

コマンドプロンプトを特定のフォルダ上で起動する方法です。
たまに利用するような場合ならターゲットフォルダからショートカットキーで起動します。
頻繁に利用するような場合はショートカットファイルを作成して、そこから起動すると簡単です。

  1. ショートカットキーで起動:ターゲットフォルダを開く→Shiftキー+右クリック→コマンドウィンドウをここで開く
  2. ショートカットファイルで起動:「C:\Windows\System32\cmd.exe」のショートカットファイルを作成→「作業フォルダ」に起動先のパスを記述する
オンラインPC館
トップページテクニックPCテクニック → コマンドツール