Webライティング

Webライティング

文章制作

サイト制作には文章が付き物であり、コンテンツの要となる重要な要素です。
特に文章は訪問者と検索エンジンの両方に対して効果があるため、しっかりとした文章を作成する事はサイトにとって非常に有益になります。
WEBライティングと文章編集の実践テクニック
月間1000万PVを支える「UIの言葉選び」のためのチェックリスト
書いた記事が炎上 そのとき、Web記者は何を考える?


サイトの構成

文章構成

文章制作において大事なものに文章構成がありますが、これはできるだけ短く、わかりやすく、要点を重視して書く必要があります。
そのためには一度書き出した文章を編集して整形する事で、読みやすくてまとまりのある文章になって行きます。
また、Webの場合はさらにキーワードを考慮して作成する事でSEOに強い文章になります。

ページ構成

文章をコンテンツとしたページの場合はページ構成にも気を配る必要があります。
ページに記載する文章は適度に分類し、文字のサイズ、スペース、色などに配慮すると効果的なWebページを作る事ができます。
きれいに整頓されたWebページの文章は非常に読みやすくなるため、訪問者に対しても効果的な情報提供が可能になります。

補足リンク

参考サイトや関連サイトをリンクとして文章と一緒に記載する事もできます。
これは主となる情報を大まかにまとめて文章にし、より詳細な情報はリンクでカバーすると言うものです。
リンクを張られた方は被リンク効果が得られる可能性があるため、双方にとってプラスになります。
ただし、あまり多くのリンクを載せると読みづらいので、必要に応じて利用するようにしてください。


文章の情報源

参考資料

文章制作はタイプ速度があれば簡単に作れるわけではありません。
自分が持っている知識が必ずしも正しいとは限らないため、必ず参考資料を読んで間違いがない事を確認してから記載する必要があります。
こうした作業はまったく知らない情報なら一から調べてまとめなくてはならないため、案外時間がかかります。

複数の情報源

参考資料はできるだけ複数の情報を利用した方が良いですが、これは特定サイトだけではその情報が正しいか判断できないためです。
また、どのサイトでも同じようには書いていないので、違った説明を読む事でより理解しやすいと言うメリットがあります。

情報の捉え方

時には情報を間違って捉えてしまうケースもあります。
特に専門的な情報ではこうしたミスを起こしやすいので、よく確認してまとめるようにしてください。


文章の制作

客観的な情報

文章制作ではどうしても主観的な考えで書いてしまう事もありますが、なるべく中立に立って客観的な視点で書くようにしてください。
主観的な意見は特定の人に対してのメッセージとなり、一般的な多くの人が読むには適しません。
また、感情に振り回されて嘘を書いたり、故意に情報操作を行う事は論外です。

情報の公開責任

掲載する情報はネット上に公開されるため、法的な問題や倫理的な問題を考慮する必要があります。
また、情報が正しいものであるかも重要で、一次情報の場合は特に注意しなくてはなりません。
さらに成人向けコンテンツを主とする場合は、入口に年齢認証などの設置が必要です。

文字と言葉の使い方

文字や言葉の扱いも意外と難しい部分があり、よく調べないと間違った使い方をしている事があります。
正しい文字や言葉の使い方も文章制作では必要になるため、気になる点は調べてできるだけ正確なものを使うようにしてください。

間違いだらけの英単語

文章制作時では英単語が出てくる事もありますが、少し調べた程度だと意外と間違った英単語を使ってしまうケースがあります。
日本では一般的に浸透している英単語や和製英語などもありますが、海外では実際にそのような英単語は使わないと言う場合が多々あります。
このためネットで検索しても、よく調べないと少し的外れな単語になってしまうので注意が必要です。


文章の見直し

誤字チェック

文章制作では誤字が付き物ですが、定期的な読み直しや専用ツールを活用する事で対処する事ができます。
スペル チェックと文章校正を行う - Word
日本語文章校正ツール

誤載チェック

色々と確認をしたにもかかわらず間違った内容を載せてしまう事もあると思います。
誤載はそれを見つけ出す事が非常に大変で、自分が作成した文章を定期的に読み直しておかしな所がないか再確認する必要があります。
こうした誤載チェックはプログラムでの発見が難しいため、非常に手間はかかりますが重要です。

文章の最適化

文章もコードと同じで何度も読み直すと改善点が見つかる場合があります。
何度も読んでは修正を繰り返す事で、より完成度の高い文章に最適化する事ができます。
一度は納得した文章でも間を置いて読み直してみると、案外修正点が見つかる事もあります。

オンラインPC館
トップページテクニックインターネット → Webライティング