配信時の注意点

配信情報

最近では誰でも気軽にネット配信が可能になっていますが、取り込んだものは全てネット上に配信されてしまいます。
特に視聴者が録画しているような場合は、動画サイトやSNSにアップされる可能性もあるので十分注意してください。
万が一間違って大事なものを配信しても全て自己責任となります。

  1. 室内配信:室内に置いてる物、突然の訪問者など
  2. 屋外配信:対話者や通行人の顔など
  3. デスクトップ配信:デスクトップやタスクバーのアイコン、ブラウザのブックマーク、検索時の地域情報など

配信内容

最近では法的にも非常に厳しくなっており、著作権侵害を行うと場合によっては厳罰に処されます。
配信するものは他人の著作物ではなく、自分が作成したものだけにしてください。
また、明らかにモラルに反するような内容は、例え権利侵害ではなくても問題になる場合があります。
他にも屋外配信では権利侵害、モラル違反、無断撮影など非常にトラブルが起こりやすいので注意してください。
配信者には配信内容に関する責任が発生するので、そのあたりを踏まえて配信を行う必要があります。

配信トラブル対策

コマ落ち現象

コマ落ちは何らかの理由により適切なデータ処理が行われていない時に起こる現象です。
これが発生すると滑らかさがなくなり、カクついたような状態で再生されます。
対処法としては設定を見直して適切な処理が行えるようにするか、品質を下げるなどでデータ量を小さくする方法があります。
また、サイトが対応しているなら、適切な設定でエンコードするのが恐らく最も効果的だと思われます。
コマ落ちとは
キャプチャーしたかくかく動画をスムーズにする方法

  1. スペック:処理性能が低い
  2. ビットレート:データ量が大きい
  3. フレームレート:フレームレートが低い

音割れ対策

音割れがする際は配信元の音を少し下げると改善すると思います。
ただし、ファイル自体の音質が悪い場合は、設定で修正する事はできません。

問題個所の特定

配信時に問題が発生している場合は、環境のどこに問題があるのかを特定する事が先決です。
特定できたらそこを修正するか、対処法を調べて対処してください。

  1. PC環境:PCスペック、サウンド設定、ツール設定、システム、ドライバなどに問題がないか確認
  2. 配信設定:配信サイトの設定に問題がないか確認
  3. 通信回線:回線速度や通信状態に問題がないか確認
  4. サーバー環境:サーバーシステムの品質、システムトラブル、混雑などの問題がないか確認
オンラインPC館
トップページテクニックインターネット → 配信トラブル対策