技術進歩

技術進歩

技術進歩

現在の技術は飛躍的に進歩し、インターネットやIT技術によって大きく変化しています。
PCからスマートフォンへ、そしてAIの進化によってさらに高度な技術が身近になりつつあります。
また、従来ではPCを利用する場合は専門性が求められていましたが、それらが薄れどんどんと簡易化されています。
そして最終的にはAIが思考、分析、開発、管理などの多くの作業を行ってくれるようになると考えられます。
つまりこうした機械やテクノロジーの進歩によって、人は何もする必要がなくなって行くのかもしれません。
今後は高度な技術がより身近なものとなり、多くの人が利用できる便利な時代になって行くと考えられます。
テクノロジー情報
Google、「AIを活用できない企業に未来はない」
GoogleのピチャイCEO、「時代はモバイル第一からAI(人工知能)第一へ」

技術の相乗進化

新しい技術が生まれると様々な分野で利用されるため、相乗的に発展して行く可能性があります。
AIの進歩で様々なものの自動化や性能向上が期待されますが、AI自身が開発や研究を始めればより高度な技術を生み出せるかもしれません。
また、今後期待されている量子技術が完成する事で、AIなどの性能も飛躍的に向上すると考えられます。

自動化技術

自動化技術に関する情報です。
以下にあげたものはすでに自動化やロボット化が実現しており、時間短縮や人件費の削減に繋がっています。
しかし、その陰では市場を奪われて職を失った人もいるのは確かです。

  1. 自動化されたもの:自動ドア、自動販売機、証明写真機、自動洗濯機、自動乾燥機、食器洗機、炊飯器、自動運転車、ナビ、宅配ボックス、自動翻訳機、電子決済、セルフレジ、セルフスタンドなど
  2. ロボット化されたもの:調理ロボット、製造ロボット、運搬ロボット、掃除ロボット、対話ロボット、ドローン配送など

コンピュータ技術

人工知能の進化

AIの進化はすでに将棋や囲碁などを見てもわかるように人の能力を超えはじめています。
こうした単純ゲームで負ける事は、様々な勝負を行った場合にも同様の結果になる可能性があります。
また、AIロボットは専門家以上の能力や知識を短期間で獲得し、知識の種類によってあらゆる事をこなせるようになります。
恐らく次の時代にはこうしたAIやロボットによる、より便利で完成された社会に変わって行くと予測されます。
人工知能テクノロジー

量子技術の実現

量子技術は様々な分野に大きな影響を与える画期的な技術です。
IT技術としては量子コンピュータ、量子テレポーテーション、量子暗号などがありますが、いずれも非常に大きな可能性を秘めた技術となっています。
そしてこれらの量子技術も研究が進んでおり、近い将来には実現すると言われています。
この量子技術の開発が成功すれば、AIなども飛躍的にグレードアップされるため、短期間で技術革新が行われる可能性があります。
量子技術

アシスタントプログラムの存在

アシスタントプログラムはSiri、Cortana、Alexaなどを代表とする音声認識型のAIです。
すでに様々な端末に実装されており、デバイスとしてはホームアシスタントも登場しています。
従来からあるOSやネットの検索エンジンなどは、いずれこれらにとって代わられる可能性があります。
検索してそこの情報から答えを見つけるのは二段階の工程になりますが、最初から良質な答えを出せればより簡単に情報を得るシステムになります。
これと同じようにコンピュータの仲介役であるOSも、様々なインターフェースを集約したアシスタントがあればそれに全ての操作や管理を任せられます。
つまり次世代では人とコンピュータの間にアシスタントが存在し、より便利で扱いやすいシステムに発展すると考えられます。
AIプログラム


通信技術

インターネットによる情報世界

近年最も偉大な発明と言われるのがインターネットですが、このインターネットができた事で世界はあっと言う間に情報化されました。
そして市場が一気に変わり、ラジオ、テレビ、お店、学校、通貨などの多くのものがネットでも利用されるようになりました。
今後もこうしたネット化現象は続くと予想されますが、拡大した情報の効果的な管理や監視が課題のようです。
ネットワークテクノロジー

IoTによる物のネットワーク世界

IoTはモノのインターネットと言われるもので、今後はあらゆる物がネットワーク化されるようです。
しかし、それと同時に危険性も増加するため、セキュリティが今後の大きな課題となっています。
IoT技術
スマート化


モバイル技術

モバイルの欠点

現在はモバイルの発展により、モバイル機器やワイヤレス機器が人気です。
しかし、いずれもバッテリーの持ちが悪いのが難点で、この部分が足かせになっています。
こうした問題もあってか電池の高性能化やワイヤレス充電などの新しい技術が登場し始めています。
電池技術
ワイヤレス充電技術
バッテリー技術

ウェラブルの未来

ウェラブルの代表格といえばスマートウォッチやスマートグラスですが、まだこれらの技術は完全な形が確立されていないようです。
しかし、スマートフォンから次の形に発展して行く事は十分に考えられます。
そしてそれは恐らく新たなウェアラブルデバイスであり、より身体にフィットした新しいデバイス技術として近い将来に登場するのではないかと予測されます。
ウェアラブル技術


インターフェース技術

新たなユーザーインターフェースの形

モバイルやウェアラブルが発展する上で問題となってくるのがユーザーインターフェースの形です。
従来のようにキーボード、マウス、ディスプレイと言ったものが利用できないため、様々なタイプのUIが登場し始めています。
中でも最近話題になっているのがリアリティ技術で、仮想の技術を現実世界に活用した新しいUI技術として注目されています。
次世代ユーザーインターフェース技術
リアリティテクノロジー

仮想世界の進化

仮想世界の技術としてはCG技術、音響技術、リアリティ技術などが利用されています。
CG技術は現実と区別できないほどリアルな再現性を実現しており、音響技術は音の方向や広がりによって臨場感を高めています。
また、VR技術は今までには得られなかった新しい仮想世界を体験できる画期的なデバイスとしてゲーム業界を中心に広がっています。
こうした様々な技術によって仮想の世界が現実の世界に迫る勢いを持ち始めているようです。
映像技術
音響技術
VR技術
PlayStation VR
VRによる未来のコミュニケーションとは?
VRに支配された恐るべき未来を描く「HYPER-REALITY」

五感技術の進化

五感情報をデータ化して様々な形で利用する事ができる五感技術も進化しています。
近い将来には五感データが、様々なサービスで利用されるのかもしれません。
五感技術


機械技術

ロボット産業の発展

AIの進化によってロボットの能力は飛躍的に高まると予想されます。
ロボットは今後も増える可能性があり、恐らく今まで以上にロボット産業が発展して行くと思われます。
今まで人が行っていたであろう多くをロボットが代用する事で、より高い生産性、時間短縮、コスト削減などのメリットをもたらします。
ロボットテクノロジー

空の市場を広げるドローン

最近ではドローンが積極的に活用されており、空撮や配送など様々な用途に利用されています。
また、ドローンレーシングや空の監視システムなど多くの可能性を持つため、今後も広範囲で利用されて行くと思われます。
ドローンテクノロジー

何でも作れる3Dプリンタ

3Dプリンタでは今や作れないものはないとすら言えるほどに進化しています。
活用される分野も多岐にわたり、今後もより多くの世界で利用されて行くと考えられます。
デジタル造形技術


インフラ技術

宇宙の可能性

宇宙の分野ではすでに民間の宇宙開発が活発化しています。
現在研究が進んでいるものには、衛星通信、惑星開拓、宇宙輸送などがあるようです。
こうした発展により今後は宇宙も市場となって、より大きなフィールドに踏み込んで行くと思われます。
宇宙開発技術
衛星通信技術

次世代のエネルギーシステム

次世代のクリーンなエネルギーシステムとしては核融合発電や宇宙太陽光発電などが構想されています。
これらは膨大なエネルギーを発電できるため、大きな可能性を秘めた技術として注目を集めています。
こうした効率的で安全なエネルギーシステムが開発されれば、非常に大きなパワーインフラとして世界中で活用される可能性があります。
発電技術

オンラインPC館