未来のインフラ技術

安全なインフラシステム

電気、ガス、水道、通信などのインフラシステムも古い仕組みで提供されています。
ちょっとした災害にも弱く、様々な危機への対策が講じられていません。
将来的には災害対策なども考慮して供給障害が起こりにくい形で提供されて行くと思われます。
防災対策技術

電力供給システム

電気はインフラの中でも非常に重要ですが、いまだに丸出しの電柱を使った電送システムが使われています。
これは光回線も同様ですが、これではちょっとした災害に遭うと簡単に不具合が発生します。
このため、今後はより安全な地下電送や無線電送へと置き換わる事が予想されます。
自家発電
無電柱化
次世代ワイヤレス技術
ワイヤレス充電技術

水供給システム

水道は電気と並んで無くてはならないインフラの一つです。
しかし、現在の水供給システムも仕組みが古く、衛生面や効率性を考慮した新しい供給方法が求められているようです。
また、水を空気中から作り出す技術研究が進んでいるため、ソーラーパネルと同じように水も自分たちである程度確保して行けるようになるかもしれません。
生活用水技術

ガス供給システム

ガスは非常に安価ですが、利用用途が限られています。
多くの場合はキッチンのコンロや風呂の湯沸かし装置としてガスが利用されています。
しかし、最近ではソーラーパネルなどを利用して電力を効率的に利用する人が多く、こうした手法を活用すれば全てを電気で補う事もできるようです。
このため、今後はインフラとしてのガスの活用は減少して行くと考えられます。
太陽光発電技術

通信システム

通信システムも現在の生活には欠かせないものとなっています。
しかし、現在主流の光回線は電力供給システムと同じく、災害などに弱い特性があります。
また、モバイル端末の普及もあってか、最近では無線通信システムへの置き換えが進められています。
恐らく今後は光などの有線通信ではなく、Wifiなどの無線通信が主流となって、より効率的でシンプルな形に変わって行くと思われます。
通信回線技術
衛星通信技術

その他のインフラ技術

建物や都市の構造

現在の建物や都市は非常にもろく、災害などの危機に対応できないものが多くなっています。
しかし、最近は様々な災害や問題が増えつつあるため、これからの住居や都市は住心地だけでなく安全性や効率性も求められて行くと思われます。
未来都市
防災住居技術

オンラインPC館
トップページ情報その他のテクノロジー → インフラシステム