未来社会技術

未来社会技術

未来社会

未来の社会を発展させるには科学技術の進歩が不可欠だと考えられます。
より便利で合理的な社会にするには人の力だけでは難しいですが、様々な科学技術によってより完成された社会に発展して行くと思われます。
未来社会技術
5年以内に世界には44兆個のカメラが存在する社会になるという予測
教育先進国フィンランドが新たに取り入れた科目にとらわれない教育システム「PBL」とは何か?

未来言語

言語は自動翻訳などの技術が発達しており、その精度もかなり高められています。
言語の統一についてはわかりませんが、従来からある言語の壁は徐々に薄れつつあるようです。
エスペラントとは
翻訳技術

未来通貨

通貨は徐々に電子決済や仮想通貨の市場が広がっています。
電車やバスで現金を使用する人も少なくなり、社会全体が現金から電子通貨に変わろうとしているようです。
電子通貨テクノロジー
ドイツの現金至上主義に陰り、決済での利用率が半分切る
さらば「お金」、物々交換で物資を調達する「極限生活」…税金から逃れられる?
現金決済がなくなる日は近い

未来都市

未来の都市技術にはドーム都市、海底都市、地底都市、スマートシティなどがあります。
また、近年は異常気象や温暖化が進んでおり、こうした地球の気象変動に影響を受けない都市の形が求められつつあるのかもしれません。
スマートシティ
OCEAN SPIRAL(海底都市)
中東の砂漠に巨大な「ロボットシティ」 その計画の全貌と、数奇な運命をたどった「未来都市」の歴史
もう土地がない。香港が「地下都市の開発」に動き出した その野心的なプロジェクトの全貌
ビル・ゲイツも「未来都市」の建設に動き始めた アリゾナ州の砂漠に20万人都市をつくる巨大プロジェクト
グーグルが「都市を丸ごと」つくろうとしている 先端技術を投入する壮大な“実験”は成功するか
農業と教育、ドローン輸送の拠点となって貧困を救うための施設「Mashambas Skyscraper」
国境に壁を作る代わりに構想されている新しい都市の形
ドバイ、世界初「気候制御都市」を建設する計画を発表
シベリアの「巨大ドーム都市」計画

オンラインPC館