危機対策技術

危機対策

災害時に起こりうる問題

災害によってライフラインが途絶えると、生活に必要な電気、ガス、水道、交通、通信などが利用できなくなります。
また、食料や水が不足し、トイレ、フロ、通信機器などが使用できなくなる可能性があります。
さらに家が損傷していれば待機場所や寝る場所もなくなり、家族や近隣住人に死傷者が出るかもしれません。
政府が弾道ミサイル攻撃に対する対応マニュアルを公開
米当局が携帯電話への緊急警報システムを強化 NY爆発事件を教訓に
これだけは知っておきたい、被災時のスマホ活用術

避難場所の確認

事前に避難場所や避難所を確認しておくと、災害時にどこへ行けば良いか迷わずに済みます。
避難場所は一時的に避難できる場所で、避難所は避難生活を行う施設の事です。
ただし、自宅が安全だと判断できる場合は、無理に移動するよりも自宅待機の方が安全な場合があります。
収容避難場所とは
「余震怖い」避難所の人口、夜は2倍…救援活動の医師が見た「熊本地震」

災害時の危機対策

通常は安全な場所で待機し、国の支援を待つ事になりますが、個々が最低限の危機対策をしておくのも一つの方法です。
危機対策には設備、ツール、備蓄品などを準備しておく方法があり、災害時の困難な状況を緩和できる可能性があります。
食料をめぐる混乱、仮設トイレに列…外国人記者が見た「熊本地震」

負傷者の救護

災害時に負傷した際は早急に連絡が必要です。
また、医薬品を確保しているなら、それらを用いて応急処置を行える場合もあります。

貴重品の保管方法

貴重品も一まとめにして安全な場所に保管しておくと、いざと言う時に簡単に持ち出す事ができます。
特に急を要する場合は貴重品だけでも持って逃げる必要があるので重要です。

ペットの迷子対策

ペットを飼っている場合は、連絡先を書いた首輪をしておくのが良いようです。
家族と一緒に逃げ出せれば良いですが、運悪く離れ離れになる事も多々あるのでこうした対策も必要です。
「せめて首輪に連絡先を」熊本地震で犬の迷子相次ぐ…普段から備えておくべきことは?

オンラインPC館