人工食用肉

人工食用肉

人工的に作られた食用肉の情報です。
家畜の飼育や屠殺が不要となるため、非常に注目されています。
培養肉とは
大豆ミートとは
2040年、世界の肉の60%が人工肉に置き換わると予測される
本物そっくり「人工肉」に注目 味や抵抗感払拭に課題も
バーガーキングが「100%植物由来の人工肉」を使用したバーガー「Impossible Whopper」の試験販売をアメリカで開始
日清、サイコロステーキ状培養肉の作製に成功
3Dプリンターで作る植物性タンパク質が原料のベジステーキが誕生
繊維状の食感を再現した、3Dプリンタで製造される人工肉
米企業、細胞培養鶏肉を年内に市場投入する計画
培養肉を巡り「肉」の定義を巡る議論が活発化
米ミズーリ州、肉代用食品を「meat」として販売することを禁ずる法律
100%植物由来の人工肉「Impossible Foods」に対し動物愛護団体が「発がん性がある」と訴える
ケンタッキーフライドチキン(KFC)が鶏肉をまったく使わないフライドチキンを開発中
肉汁ジュワーで食感も味も本物の牛肉。オランダの企業が植物100%のビーフステーキを開発。受注販売開始
菌糸から作られる代用肉、売り上げは増加中
牛肉そっくりの「合成肉」でハンバーガーができるまで 奇妙な「科学」の裏側と、安全性を巡る攻防
鶏肉そっくりの味で食料危機を救うかもしれない謎の食べ物「マイコプロテイン」とは?
牛肉そっくりの味で赤い肉汁も出る植物性人工肉バーガー、米食品医薬品局は安全性を認定できないとコメント
植物由来の人工肉を使う「Impossible Burger」がいよいよ全米に店舗を大展開スタート
米スタートアップ企業、細胞培養による家禽肉製造に世界で初めて成功
ニワトリや牛の細胞から培養された「人工食肉」が2020年代にも食卓に並ぶ見込み
「人工肉」は食料危機を救えるか?
持続可能な「代用肉」をつくるスタートアップが世界を救う
エビをまったく使っていない「ほぼエビフライ」 発売前から名古屋で大反響!
100%植物原料なのに焼くと肉汁がしたたり味も匂いも肉そのものな「Impossible Foods」
「加工肉の発がん性」WHO組織が正式に認定
人類を救う未来の食べ物「人工肉」のメリットと作り方解説ムービー
世界初の人工培養「肉」のレシピ本の発売決定、恐竜の骨付き肉もメニューにあり

その他の人工食用肉

魚介類などのその他の人工食用肉に関する情報です。
「100%植物由来の人工肉」に続き植物由来の人工魚肉「Fishless Fish」が開発中
カニカマとは違うやつ。エビ、ロブスター、カニの代用になる細胞ベースの培養肉(人工肉)を開発中

オンラインPC館
トップページ情報その他のテクノロジー → 人工食用肉技術