人工食料品技術

人工食料品技術

人工食料品

現在では食料品の多くを人工的に作り出す事ができます。
主に肉の人工培養、野菜の人工栽培、魚の人工養殖などがあり、実用化に向けて研究が行われています。
主な人工食料品「人工培養肉、人工栽培野菜、人工養殖魚、完全食料品」など
コピー食品とは
栽培技術
ソイレント
「電気からつくる食品」の開発に研究者らが成功 未来の代替食になりうるか?
科学者は新設計のゲノムをコーディングした 「完全人工合成」の酵母がもたらすバイオ産業革命
チーズ代用食品、英国で「Gary」と呼ばれる
虫・人工肉・3Dプリンターなど20年後にどんなミートボールが食べられているか予想する「Tomorrow’s Meatball」
カンボジアの人を貧血から守る鉄製の魚「Lucky Iron Fish」

人工培養肉

人工培養肉は動物ではなく大豆や小麦などのたんぱく質を原料に、人工培養して製造する肉です。
家畜の飼育や屠殺が不要となるため、非常に注目されています。
培養肉とは
菌糸から作られる代用肉、売り上げは増加中
牛肉そっくりの「合成肉」でハンバーガーができるまで 奇妙な「科学」の裏側と、安全性を巡る攻防
鶏肉そっくりの味で食料危機を救うかもしれない謎の食べ物「マイコプロテイン」とは?
牛肉そっくりの味で赤い肉汁も出る植物性人工肉バーガー、米食品医薬品局は安全性を認定できないとコメント
植物由来の人工肉を使う「Impossible Burger」がいよいよ全米に店舗を大展開スタート
米スタートアップ企業、細胞培養による家禽肉製造に世界で初めて成功
ニワトリや牛の細胞から培養された「人工食肉」が2020年代にも食卓に並ぶ見込み
「人工肉」は食料危機を救えるか?
持続可能な「代用肉」をつくるスタートアップが世界を救う
100%植物原料なのに焼くと肉汁がしたたり味も匂いも肉そのものな「Impossible Foods」
「加工肉の発がん性」WHO組織が正式に認定
人類を救う未来の食べ物「人工肉」のメリットと作り方解説ムービー
世界初の人工培養「肉」のレシピ本の発売決定、恐竜の骨付き肉もメニューにあり

人工養殖魚

人工的に魚を養殖するための様々な技術情報です。
養殖業とは
近畿大学水産研究所
通常の2倍の速度で成長する「遺伝子組み換えサーモン」が出荷される
日本水産、世界で類を見ない「マダコの完全養殖」に成功
「海藻エビ」が世界の養殖問題を解決する(かもしれない)
ミシュラン“七つ星”に近大ナマズ 機内食の最新事情
近大、今度は「におわないブリ」で売り出す?
世界初の食材「うなぎ味のナマズ」がPeach機内食に登場
あの下町ロケットの企業が養殖?! 国産キャビア誕生秘話
見た目も味もそっくり「ウナギ味のナマズ」 近大が開発に成功 最初は「涙が出るほどまずかった」が……
なぜ近畿大学は「クロマグロ完全養殖」に世界で初めて成功したのか?


遺伝子作物技術

遺伝子編集作物

遺伝子編集作物は遺伝子を編集して作る作物です。
ゲノム編集とは
遺伝子編集技術「CRISPR」で低脂肪ベーコンも可能、研究者らがブタを低脂肪にすることに成功
遺伝子組み替え大豆ならぬ「遺伝子編集大豆」の作製に成功
世界初、CRISPR-Cas9を使った「遺伝子改変キャベツ」パスタのお味は

遺伝子組み換え作物

遺伝子組み換え作物は作物の遺伝子を組み替えたものです。
遺伝子組み換え作物とは
遺伝子組み換え作物は本当に危険なのか?
ノーベル賞受賞者100人以上が遺伝子組み換え食物に反対するグリーンピースを非難する書簡に署名
「天然」遺伝子組み換え作物は存在する


その他の人工食料品技術

食料品造形技術

3Dプリンタを利用して食料品を製造する技術です。
牛に頼らず牛乳をつくる。3Dプリント技術でイースト菌から味も栄養価もまったく同じ合成牛乳をつくるプロジェクトが発足
チョコやピザを出力する3Dプリンターや家庭用植物栽培キットなど最新トレンドをいち早く製品化する「XYZ Printing」
食べ物を出力する3Dプリンターが一家に1台置かれる未来
Hersheyが共同開発したチョコレート専用3Dプリンター
外食産業を喰い尽くす、3Dプリンタの破壊力
3Dプリントでピザを作る会社にNASAが出資、宇宙でピザを焼ける日が到来する可能性もあり
チョコレート会社ハーシーズが3Dプリント技術を用いたお菓子開発を発表
食べ物の出力が可能な3Dプリンター「ChefJet」が2014年の後半にリリース予定
3Dプリンターで食べ物を印刷へ、既存の食事を置き換える可能性もあり

オンラインPC館
トップページ情報その他のテクノロジー → 人工食料品技術