特殊犯罪対策の課題

特殊犯罪対策の課題

匿名型犯罪への対策

最近の犯罪では証拠すら残らないものが多くなっています。
このため日本の警察では何もできない可能性があり、非常に大きな問題となっています。
近年起こっているテクノロジー犯罪、サイバー犯罪、グループ犯罪などは、いずれもこうした匿名犯罪が可能となっています。

巧妙型犯罪への対策

最近の犯罪は非常に巧妙化しています。
情報の悪用や仲間との連携によって行われる犯罪は一見して犯罪とはわかりません。
単なるいたずらが情報活用や集団化によって悪質化している点からも、犯罪者たちがこうした方法を利用しないはずはありません。
しかし、警察などが捉えられる情報はわずかで、場合によっては証拠すらも見つけられない場合もあります。

標的型犯罪への対策

ストーカーや集団攻撃の場合は大抵一個人を標的にして行われますが、自分が狙われているとわかってもその証明は難しく個人での対応は非常に困難です。
また、警察や弁護士に相談しても恐らく何の支援も得られない可能性が高く、その結果様々な事件を招いています。
しかし、これは予測できうる犯罪で、法的な問題や警察の対応範囲の狭さによって結果的に国民を守る事ができない状況にあります。
こうした事が続けば日本の治安はどんどん悪化する事になると思われます。


対策機関の課題

政府機関の認識改善

政府の犯罪への認識が非常に低いと感じます。
犯罪者は日々様々な情報を獲得し、それを犯罪に悪用しています。
しかし、そうした問題への認識が低いと、本来なら取り締まらなければならない事がまったく野放しとなります。
こうした問題をいち早く認識し、速やかに問題対処へ取り組んでほしいと感じます。

警察機関の対応改善

恐らくサイバー犯罪やテクノロジー犯罪で証拠が十分揃っていない場合は、警察に相談しても嫌な思いをするだけだと思います。
これは数多くの被害者が声を揃えて言っている事で、警察機関の仕組みや特殊犯罪への対応能力の限界が問題となっているようです。
やはり根本からこうした問題の改善を行わないと、今後の複雑な犯罪への対応は難しいと思われます。

オンラインPC館
トップページテクニック犯罪対策 → 特殊犯罪対策の課題