社会犯罪対策

ストーカー犯罪対策

ストーカー規制法

ストーカー規制法に関する情報です。
改正ストーカー規制法が成立し、ようやくストーカー対策としての法規制が改善されたようです。
ストーカー行為等の規制等に関する法律とは
改正ストーカー規制法施行 「Twitterやブログに執ような書き込み」も規制対象に
改正ストーカー規制法成立、SNSも対象に…弁護士「これまでが規制されなさすぎた」
ストーカー規制法が全ての電気通信を対象に
ストーカー規制法改正案が成立の見通し TwitterなどSNS、ブログも対象に
ストーカー規制法「改正内容」は不十分? 「メールだけでなくSNSも対象とすべき」
ストーカー規制法改正「非親告罪は時期尚早、警察のスキル向上を」弁護士が指摘
51歳が女子中学生に「LINE」を送って逮捕 なぜ「ストーカー規制法」違反?

人権擁護法案

人権保護に関する法律情報です。
この法案も様々な問題を含んでいるようです。
人権擁護法案とは
法務省:人権擁護法案と人権委員会設置法案等の主な違い

迷惑防止条例

迷惑防止条例は地方公共団体が定める迷惑行為に対する防止条例です。
ストーカーに関してもストーカー法でカバーしきれない部分を、この迷惑防止条例で対応している所が多いようです。
迷惑防止条例とは
「恋愛感情」に基づかない「ストーカー」も摘発・・・条例改正の問題点はなにか?

その他の社会犯罪対策

その他の社会犯罪対策の情報です。
民泊“解禁”法案が成立 全国で誰でも営業可能に


社会犯罪の取り締まり

情報と組織の監視

社会犯罪は情報犯罪や組織犯罪の延長線上にあるものが多いようです。
つまりはそうした特殊な犯罪を取り締まって行く事で、多くの社会犯罪は消える事になります。

危険人物の情報監視

いわゆるストーカーを始めとするターゲット犯罪は第三者が特定人物をターゲットにした犯罪です。
現在の社会では悪質な人間や組織に狙われると、よほどでなければ回避する事はできません。
政府や警察もこれを防ぐ事はできませんが、情報をしっかりと捉える事ができれば未然に防ぐ事はできるはずです。
被害者の声を尊重し、危険人物の情報をしっかりと監視し、その動きをマークする事で取り締まりは可能だと思われます。

被害者の行動監視

従来では被害発生前に通報しても警察はほとんど対応しなかったため、重大犯罪に繋がるケースが跡を絶ちませんでした。
こうした社会犯罪の多くは情報や人脈を活用するため、被害拡大前に犯人を現行犯逮捕するのが有効な手段となります。
これには被害者が提供する危険人物の情報監視だけでなく、被害者の周辺で待ち伏せるような方法が必要ではないかと思われます。

オンラインPC館
トップページテクニック犯罪対策 → 社会犯罪対策