法律の課題

法律の課題

生きたルール作り

法的な課題で最も大きな点は生きたルール作りをするべきではないかと言う事です。
誰が見ても正しい判断と思える事をなぜできないのか、そこが問題だと思われます。
今のルールはルールのためのルールであって、人のためのルールではなくなっています。
どう考えても事の本質を知らない者が法を作っているとしか思えません。
やはりより柔軟で効果的なルール作りの基盤を考えて行く必要があるようです。

法律の問題点

現在の法律は最初から厳格に決め過ぎて使い物にならないものが多いようです。
法的不備が発覚した場合は改正されると思いますが、これでは時間もかかり、場合によっては痛い思いをする人が出てから改正と言う流れになります。
やはり法律も柔軟性が必要であり、様々な犯罪に対して効果的に対応できる必要があると感じます。
重要な点はそこに悪意性や悪質性があるかと言う点で、これは誰が見ても判断できる要素です。
こうした部分が不完全なため、裁判では明らかに犯罪行為だと思われるものが無罪になるケースもあります。
この古い法の仕組みが改善されれば、国民が首をかしげるような裁判や取り締まりは減少するのではないかと思われます。

オンラインPC館
トップページテクニック犯罪対策 → 法律の課題