情報犯罪対策

情報犯罪対策

情報犯罪対策情報

情報犯罪対策に関する情報です。
暴力団の報復恐れる捜査協力者に「氏名変更」を許可、「司法取引」開始前に画期的な判断
ビッグデータ独占防止の新指針、公取委が正式発表へ
英、令状なしで国民のWebアクセス記録を閲覧できる権限を警察など48機関に与える法案が可決

通信傍受法(盗聴法)

通信傍受法(盗聴法)は犯罪に対する捜査手段として通信の傍受(盗聴)を可能にする法律です。
従来は特別な重犯罪に対してのみ適用されていましたが、より広範囲な犯罪に対して行えるように改正されました。
しかし、今後は共謀罪をより効果的にするために、この傍受法の更なる改正が必要と言われています。
犯罪捜査のための通信傍受に関する法律
共謀罪
「改正通信傍受法」が施行、情報収集の手段拡大…どう変わるのか?
取り調べ可視化義務付け、通信傍受の対象拡大……【刑事訴訟法改正案可決】の意義と懸念
不信感だらけの盗聴法改正案、これからは警察に何でも盗聴されてしまうのか!?


情報犯罪の取り締まり

監視システム(神の目)

今のような情報化社会においては全ての情報を見通せる神の目が必要です。
まだ効果的な監視システムは作れていないと思いますが、いずれはこうした方法によって情報を完全に捉えるような対策が必要だと感じます。
エシュロンとは
PRISMとは
犯罪監視システム

システム管理の適正化

内部に入り込んだスパイが監視と言う名目でシステムを個人的な目的のために悪用する事もあり得ます。
これは監視システムを誰がどのように利用するかをしっかりと管理していないために起こる問題です。

犯罪者の情報監視

情報犯罪は情報を悪用した犯罪行為ですが、情報は取り締まる側も利用する事ができます。
問題のある者をしっかりと監視し、犯罪行為を捉える事ができれば大抵は取り締まる事ができると思われます。

リアルタイムの情報監視

犯罪者は痕跡や証拠をいつまでも残しているとは限らず、手慣れた連中なら追跡がはじまると必ず痕跡を消し始めます。
こうなると情報を辿って行く事も困難になるため、今後はリアルタイムでの情報監視が必要不可欠になるのではないかと思われます。

オンラインPC館
トップページテクニック犯罪対策 → 情報犯罪対策