集団犯罪対策の課題

集団犯罪対策の課題

集団犯罪の悪質認識

犯罪が集団で行われる場合もありますが、集団化すれば一気に悪質さが増します。
最近の集団攻撃は情報やネットを活用して嫌がらせや妨害行為を行いますが、集団の規模によっては相当な人数が関与する事もあります。
場合によっては組織によって行われている事もあり、長期化や重大被害に繋がる可能性があるため、早急に対応が必要だと思われます。
集団攻撃
集団ストーキング

集団犯罪の対策強化

集団で行われる犯罪はより複雑で巧妙な攻撃が可能となり、対象範囲や規模も一気に拡大する可能性があります。
被害者自身での対応も困難な事に加えて、警察も集団の場合はあまり想定していないと思われます。
そのため集団犯罪に対する効果的な取り締まりもできず、長期的な被害が継続される可能性があります。
中傷被害を乗り越え「ネットの力をプラスに活かしたい」【スマイリーキクチさん・下】
ネット中傷の三段活用…最後は「死んで証明しろ」【スマイリーキクチさん・上】

集団犯罪の対応強化

集団犯罪に対しては警察も本気で捜査して組織の中枢を捉えない限り、解消するのは難しいように感じます。
末端をいくら捕らえたところで組織にとっての痛手は小さいため、組織全体に及ぶ捜査が必要だと思われます。
つまりはずさんな法律や警察対応の悪さがこうした犯罪を長引かせている原因となっています。


集団犯罪対策の問題点

集団犯罪のネットワーク

集団による犯罪は自分たちのネットワークを活かして攻撃を行います。
ネットワークの規模が大きければあらゆる分野に仲間が存在するため、容易にターゲット情報の入手が可能となります。
ターゲットが利用するものの企業内部の人間が情報を盗む事はわりとたやすく、それを見つけ出す事は非常に困難です。
多くの場合は裏でこうした情報を仲間同士で共有してターゲットを追い詰めるようです。
被害者が証拠を集めたとしても証拠性が低いためどうする事もできず、今の警察機関では到底このような攻撃が行われても取り締まる能力はありません。

集団犯罪の法規制

現在では集団による攻撃であっても、何らかの犯罪に該当する場合はそれに沿って対応すると思います。
しかし、実際には裏でこうした連中を動かしている黒幕や組織が存在する場合があります。
こうした集団や組織によって行われる攻撃であるなら、法律もそれに沿って対応が必要だと思われます。

腐敗した組織構造

国や企業の組織自体が腐敗しており、犯罪組織と裏で繋がっているなら解決は非常に困難です。
やはり国の組織から腐敗を取り除かないと、効果的な組織犯罪対策は難しいと思われます。

オンラインPC館
トップページテクニック犯罪対策 → 集団犯罪対策の課題