組織犯罪対策

組織犯罪対策

共謀罪(テロ等準備罪)

共謀罪は組織犯罪対策を目的とした法律ですが、まだ様々な問題があるようです。
特に傍受法が実用レベルに達していないと共謀罪は効果的に機能しないため、このあたりが今後の大きな課題となっています。
共謀罪とは
法務省:テロ等準備罪について
通信傍受法
集団攻撃
日弁連、「共謀罪」法成立で会長声明 「極めて遺憾」「十分な審議とは言い難い」
「共謀罪」法案が衆院で可決 "将来に禍根を残す"野党4党は反発
ビジネス系弁護士、共謀罪の危険性訴え「企業活動が萎縮」…法人税法や破産法も対象
周防正行監督ら「共謀罪」の危険性を強調「解釈と運用でどうにでもなる粗い編み目」
日弁連「共謀罪」反対集会「一般市民にも適用」「ブラック企業批判もできなくなる」
国会に提出された「共謀罪」法案「問題点、解消されていない」日弁連会長が反対声明
共謀罪とは? 与党内でも慎重論。臨時国会では見送りへ

組織犯罪対策機関

国内の組織犯罪に対応する対策機関の情報です。
情報本部とは
公安警察とは
公安調査庁とは
組織犯罪対策部とは
警察と公安とはどうちがうのでしょうか?


組織内の犯罪対策

組織の清浄化

様々な機関や企業の内部にも外部組織と密接に繋がりのあるスパイが入り込んでいると言われています。
まずはこうした部分を徹底して清浄化しないと、内部の情報は簡単に流出する事になります。
中でも政府機関、行政機関、警察機関などは重要機関となっているため、早急な対応が必要です。
イーロン・マスクが「テスラが1人の従業員から妨害行為を受けていた」ことを明かす

組織の内部監視

一般的な組織や企業にもスパイが入り込んでいるため、これらも清浄化と共に監視や管理が必要です。
中にはカルト宗教、差別組織、反社会的組織、サイバー組織などの特殊な組織と繋がりを持つ者もいるため、組織内部の監視及び管理を徹底する事が重要だと思われます。
組織問題


組織犯罪の取り締まり

犯罪組織の情報監視

現在の組織犯罪で多いのが、人脈や情報を活用したものです。
証拠を残さない犯罪が多いため中々捉える事はできませんが、ほとんどは被害者からの情報で組織名も知られています。
こうした怪しげな組織を対象に情報監視などを行って、組織や関係者を徹底的にマークすれば必ず尻尾は掴めるはずです。

犯罪組織の強制捜査

上述の組織監視と共に有効と思われるのが、犯罪組織の一斉強制捜査です。
非常に強引ですが、これくらいやらないと組織の取り締まりはできないと思われます。
ネットワーク犯罪はいくら巧妙にしようと必ず情報の共有が必要で、その痕跡は大なり小なり残る事になります。
さらにそうした組織は様々な犯罪に手を染めている場合が多いため、何らかの犯罪性は浮き彫りになるのではないかと思われます。

オンラインPC館
トップページテクニック犯罪対策 → 組織犯罪対策