総合犯罪対策

総合犯罪対策情報

総合犯罪対策

総合的な犯罪対策の情報です。
警察機関サービス
トラブル相談サービス
犯罪対策閣僚会議
法務省:「再犯防止に向けた総合対策」

タイプ別犯罪対策

様々なタイプの犯罪対策です。
情報犯罪対策
組織犯罪対策
社会犯罪対策


総合犯罪対策

データの記録

証拠として利用できるデータには通信ログ、画像、映像、音声などがあり、なるべく詳細に日付や場所などの情報も残してください。
たとえ現在の法律では価値がないものであってもなるべく収集し、定期的に警察に提出する事で情報が記録として残されます。
万が一自分の身に何かあった際にはこれらの情報を元に捜査が行われる可能性があり、今後の法改正によっては証拠として活用できる場合もあります。
証拠の確保

警察への通報

身の危険を感じる時や攻撃を予告された際には迷わず警察に通報してください。
場合によってはまともに相手にされない場合もありますが、危険性がある事をなるべく説明して対応を求めてください。

自分の身を守る

危険を感じたら通報や記録と共に身を護る手段を講じる必要があるため、なるべく防犯グッズなどを用意して自分の身を守る工夫をしてください。
特に即応が必要な危険な状況では警察や法律も意味がないので、最終的には自分の身は自分で守る意識を持ってください。

オンラインPC館
トップページテクニック犯罪対策 → 総合犯罪対策