ソーシャル攻撃の関連被害

関連被害

対策経費

集団から攻撃を受けると移転や防犯グッズなど色々と費用がかかると思います。
こうした部分も関連被害と言えるかもしれませんが、必要と思えるものもあるので多少の出費は覚悟してください。

見えない敵

無関係な人間であっても対応が悪いと言うだけで敵の仲間だと思ってしまう事もあります。
こうなると敵が増えてさらに不利になるので、できるだけ冷静になって慎重な対応が必要です。


対応問題

トラブルの対応

ソーシャル攻撃の多くは警察や弁護士に相談してもどうにもなりません。
これは第三者から見てわかるような証拠も少なく、実害と言えるようなものがないためです。
実害があってからでは遅いのですが、現在の日本社会のセキュリティは遅れておりこうした問題に対処する事が困難となっています。

警察の対応

本来は警察が対応する必要があっても、被害が個人レベルの小さい内容なら適当にごまかされて相手にされない事もあります。
これは重大事件ともなれば業績アップに繋がりますが、小さい事件だと高い評価が得られないためです。
また、警察が裏で繋がっていたり、何らかの圧力がかかっている場合も同様の対応になります。


悪質商法

悪質業者

弁護士や警察が手に負えない場合は探偵に相談する人もいますが、悪質業者が多い事で知られています。
問題解決に至らないのに高額料金を請求されたり、大した効果が得られない場合が多いようです。

便乗商売

協力団体と見せかけて単なる便乗商売をしている所も数多くあります。
そこに入っても何の協力や助けにもならず、まったく解決に繋がらないようですが、お金だけは取られると言う所です。

マッチポンプ勧誘

自分たちでターゲットを攻撃して苦しめ、ターゲットが自らの意思で入信させる手法です。
攻撃を受けた被害者は助けを求めてカルト宗教に入り、それによって攻撃が消えてそれは神の力だと教え込むわけです。
これは悪質なカルト宗教などが使う手口で、このような手法で入った人は最終的にろくな事にはならないので注意してください。

カウンター勧誘

これは特定団体から嫌がらせを受けている人を勧誘する手法です。
多くの場合はこうした相手側から言ってくる助け舟は変な団体やライバル団体が多いようです。

オンラインPC館
トップページ情報ブラック → ソーシャル攻撃の関連被害