ソーシャル攻撃

ソーシャル攻撃

ソーシャルアタック(社会的攻撃)

ソーシャルアタックとは社会で行われる様々な攻撃です。
ネットではソーシャルメディアを利用した攻撃が増えており、実社会ではモラルハラスメントやストーキングなどがあります。
ソーシャルセキュリティ

ソーシャルセキュリティホール(社会的脆弱性)

社会問題の一つにいじめやハラスメントがありますが、これらに共通しているのは社会のセキュリティホールを突いた巧妙な手口と言う点です。
そしてこうした行為は裏で行われるため、国や法律がまったく干渉できないのか、あるいは行っていないのか、いつの時代でも抱える社会問題のようです。


ソーシャル攻撃の種類

インターネットソーシャルアタック(ネットのソーシャル攻撃)

ネット上で行われるソーシャル攻撃です。
ネットではネットストーキングやソーシャルメディアを狙った攻撃が多いようです。
ネットのソーシャル攻撃

リアルソーシャルアタック(実社会のソーシャル攻撃)

実社会で行われるソーシャル攻撃です。
実社会では精神的な攻撃や心理的な攻撃を中心に様々な嫌がらせがあります。
実社会のソーシャル攻撃

グループソーシャルアタック(集団によるソーシャル攻撃)

集団によって行われるソーシャル攻撃です。
ターゲットの情報を収集し、人為的なネットワークを駆使して行われる様々な嫌がらせです。
大抵は何らかの組織が行っている場合が多く、非常に計画的で目的を持った攻撃となります。
集団のソーシャル攻撃


様々なソーシャル攻撃

インフォメーションアタック(情報攻撃)

ソーシャル攻撃で特に多いのが、情報を利用した攻撃です。
情報収集にはじまり、情報操作や悪用など様々な手法が存在するようです。
情報攻撃
陰謀とは

グループアタック(集団攻撃)

集団攻撃も最近は増えており、いじめ、組織犯罪、テロなどと幅広く存在します。
集団になると連携も可能になるため、場合によっては非常に高度な攻撃が行われる可能性があります。
集団攻撃
サイバーテロ

グレーゾーン攻撃(合法的攻撃)

グレーゾーンは一般的に合法と非合法の中間の部分を指します。
この攻撃の特徴は犯罪行為であるにもかかわらず、現行法でカバーできていないために警察や弁護士が対応できない点にあります。
つまりはどこに相談してもよほどの証拠を確保しないと解決できないと言う事です。
こうした特性を知っていて故意に妨害行為や嫌がらせを行う者も存在しますが、特に最近では集団で行う事もめずらしくありません。

オンラインPC館
トップページ情報ブラック → ソーシャル攻撃