国家のスパイ

国家のスパイ

国家の情報機関に所属し、敵国に忍び込んで極秘情報を盗み出すスパイの情報です。
主に政府の命令で他国に潜入するため、場合によっては国に致命傷を与えるほどの効果があります。
情報機関の一覧
国家秘密に係るスパイ行為等の防止に関する法律案(スパイ防止法案)とは
スパイ防止法とは
欧米諸国の対スパイ機関を取り囲む困難な状況とは?
Citrixのネットワークに不正アクセス、国家が絡むサイバースパイか FBIが捜査
Twitterのエンジニアをサウジアラビアがスパイとして使っていた
サイバー諜報活動集団「Patchwork」について解説
北朝鮮女スパイの長い歴史を紐解く
テルミン氏が開発した、実際に冷戦時に使われた「バッテリーもケーブルも不要な盗聴器」
米司法省、国家機密を盗んだ大手コンサル会社の男を訴追
色仕掛けで機密情報を盗み出す「ハニートラップ」を第2次世界大戦時に実行したMI6の美女スパイ
軍需産業を狙うサイバースパイの活動詳細、スイス当局が手口を公開
ハトがスパイ容疑でインド当局に身柄を拘束される
他国のスパイやその協力者野放しにする日本は異常事態にある
日本にちらつく? 国家によるサイバースパイの影
英諜報機関、6大学を「サイバースパイ養成校」に認定
「政府から報道機関へのハッキング」が世界で増加

アメリカのスパイ情報

アメリカのスパイ情報です。
CIAはスパイ活動の一部をAIに置き換えることを視野に入れている
米CIA、MacやiPhone狙うマルウェア開発していた 告発サイトWikiLeaksが資料公表
スマートテレビで盗聴、暗号化前に会話データ入手……Wikileaksが暴露したCIAの諜報手口
長官殿、スパイにモラルはありますか? アメリカの全諜報機関を操った男、J・クラッパーの「正義」
米情報機関が日本政府を盗聴 WikiLeaksが資料など公表
「日本版CIA」設置に向け始動 “非効率で危険”な諜報活動変えられるかと海外紙
FBIがニュースサーバを支配して裏から操作していたことが内部告発される
CIAの元工作員である女性がスパイになった理由・任務・訓練などを明らかにする

ロシアのスパイ

ロシアのスパイに関する情報です。
ロシアの生物スパイ兵器なのか?胴体にハーネスを巻かれたシロイルカがベルギーで発見される
ハニートラップを使って「アメリカに対する陰謀を企てた」としてロシア人女性が逮捕される
米民主党全国委員会に侵入し機密情報を盗んだハッカー「Guccifer 2.0」がロシア連邦軍参謀本部情報総局の役員だと判明
ロシア下院、海外メディアをスパイ扱いできる法案を可決
1980年代はタイプライターをハッキングしてソ連がアメリカの情報をスパイしていた
どうやってソビエト連邦の子どもの贈り物が7年間もアメリカ大使を盗聴できたのか?
世界アンチ・ドーピング機関がロシアからのハッキングを受けていたことが発覚
ロシア政府の影がちらつく大規模サイバースパイ組織「The Dukes」とは?

中国のスパイ

中国のスパイに関する情報です。
ウイルス入りUSBメモリを所持した女性がトランプ大統領の別荘への侵入にあっさり成功
Appleの元エンジニア、機密盗んだ罪で起訴 中国へ出国予定の前日に逮捕
アメリカ企業から機密情報を盗んだとして中国の国家的メモリ製造企業をアメリカが締め出しへ
米航空宇宙企業から企業秘密を盗もうとしたとして中国国家安全省次官が逮捕される
中国のために機密情報を盗んだスパイ容疑の元IBM従業員が罪を認める
米軍事情報を盗んで中国へ、中国籍の被告が罪認める

オンラインPC館
トップページ情報ブラック → 国家のスパイ